bread&deco

カンパとバゲット

今日は朝から、友達用のパン焼き。

午前中に焼きあげるにはと、昨日の16時から時間をずらして仕込み始める(時間の逆算がめんどくさい!)

e0166905_2248342.jpg


よく見ると、カンパーニュのクープの1本が開いてないです、バゲット・フリュイのクープも微妙な感じ…

さすがにカンパーニュは切ってみることはできないので、バゲット・フリュイの1本を家用にとカットしてみる。

e0166905_22523277.jpg


今日はフルーツ入りのパンということで、ベリー柄のお皿を(一応ベリー類も入れたし)。

このあと、やっぱり端を娘に持っていかれました(^-^)
バゲット生地にドライフルーツを入れたときは、焼き直さないでそのまま食べるのが好きです。(カンパーニュに入れたときはトーストしたいのだけれど)


カンパーニュ、どうして均等に開かないんだー!!
やっぱり横のみ開いて縦はほとんど開かずくっついてしまった。よ~く見るとくっついている部分でも裂け目が少しある。乾燥しなければ、もう少しで割れたのにという感じ。
予熱は、先日のバゲットの時、高めに設定してよかったので今回も高く設定。
いつもより、底の立ち上がり良く、底の焼き色も濃くあがった。

まだまだ、作らないと掴めそうにないです。


カンパーニュ レーズン酵母使用 加水70% 粉はタイプER

バゲット・フリュイ 赤サフ使用 加水80%もしくは90%(←メモしたノートには90%の水分量が。いつもより           生地がゆるい気もして、パンチは1回多くしたけれど…。いったいどっちだったんだろう??)
           粉はタイプER ドライフルーツは粉の3割ちょっと



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

参加しています、応援クリック励みになります!
[PR]
by ajisai-antique | 2009-06-07 23:34 | パン