bread&deco

ホシノカンパ

前回と同じ工程で作って同じようにできるか実験。

e0166905_11492474.jpg


今回もクープはのっぺりにならずに開いてくれました、よかった~
めくれている部分がちょっとあるのが嬉しい(^-^)均等じゃないんだけれど、締めの力のバランスなのかなぁ。

e0166905_11544953.jpg
e0166905_1153172.jpg


ちょっとオタクな画像なのだけれど、今回は許してください(^-^;)
もうちょっと頑張れ!なところもあるけれど、やっぱり丸めたあと緩むまで十分ベンチを取って、成形はできるだけ表面を張らせて閉じめはしっかり閉じるとクープは開くようです。←こうやって文字にすると本に書いてある通りじゃん!と思う…これをやる程度、具合が難しいんですよね。
締めるといっても、ガスを抜くようにギュッと押さえるのではなくて(私は最近は引き丸めしているので)なるべく潰さないように生地の下のマットと接している部分だけに力をかけるように気をつけています。

でも……

e0166905_1245029.jpg


気泡はない…。そもそもカンパーニュってどのくらい気泡が入っているといいのかがよくわからない。
理想はコム・シノワの「パンの教科書」の天然酵母のカンパーニュの内相なのだけれど、自分で作りやすい分量にしてこのレシピで作ったときはこの気泡には出会えなかった~(T-T)
コム・シノワのクラムを見るとヘコみます…
レーズン酵母の元種を使っているのだけれど、また、レーズン酵母再開してみるか?

でも、ホシノのカンパーニュおいしかったです。
天然酵母を使って焼くと、数日おいしいのがうれしい。ライ麦を使ったのもあるけれど、香りがよくてクセになります。


e0166905_12204978.jpg



e0166905_12214897.jpg













routineのように焼いているクッペ。
この2つは2分割して1本づつ焼いたものです(2本目は冷蔵庫でベンチ)
真ん中(ファンの前)に縦置きで焼くと1本クープなら必ず開く気がします。これはちょっと前、バゲットで試していたときも「縦置きだと開く」と思っていたこと。
どうしても2本同時に焼いて2本ともきれいにクープを開かせたかったのだけれど(成形時の締め具合を変えたり、オーブン内での置き場所を考えてみたり、スチームを久々に小石蒸気に変えてみたりしたのだけれど、ことごとく撃沈)真ん中1本焼きにしたとたん開いた…( ̄0 ̄;)

左の方は折り込みが1回多かったせいか、中心のもりあがりが大きかった。でも、中心だけもりあがって端の方はあまり開きませんでした。

e0166905_1241015.jpg


最近はタイプERで作っています。加水66%で捏ねはレシピ通り(普段のストレート方のバゲットより捏ねる)なので気泡はあまりないですが、詰まった感じがなく軽いクラムなのでこれはこれでよしとします(^-^;)
やっぱりクープがきちんと開いたときの方が伸びやかなクラムです。




e0166905_12503497.jpg


昨日娘が幼稚園でりんご狩りを体験してきました。
保護者も参加だったので、お弁当を作って私も参加してきました(^-^)
大きいりんごだったのですが、ちょっとまだ早いかな~という感じ(^-^;)
赤いものは木の高い所にあるのでとれず、娘がとれそうなところのものをとりました。
5個で2キロ。2キロのりんご、どうしよう…娘は加工品(お菓子とか)より生で食べる方が好きなので、食べられるだけ毎日食べようと思います。さすがに毎日食べていたら、もういい!っていうかな(^-^;)

りんご狩りのあとは、近くの森林公園に行って昼食と自由時間だったのですが、もう木々も色付いていてとてもきれいな風景でした。

e0166905_12575214.jpg

e0166905_12583121.jpg

e0166905_12591049.jpg


空もきれいな秋晴れで気持ちがよかったです。
娘は、ちょっとりんごが狩り足りないようだったので、また家族でも行けたらいいなと思います。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2009-10-23 13:01 | パン