bread&deco

カンパーニュ

e0166905_11393189.jpg


成形時の締めのバランスが悪かったのか、1本クープのような焼き上がりだったので、遠目でごまかし…(^-^;)

カンパの出来はいまいちだったのだけれど、天気と光の具合がよく写真を撮ってみました。
薄曇りの12~14時の時間帯。
晴天だとカーテン越しの光でも強く影が出てしまうのだけれど、薄曇りだとうっすらとした陰影がでて穏やかに写るので好きです。

丸めは、バランスよく締めないとこうなるというのを改めて実感しました~(^-^;)
一見丸に見えていても、表面の張りの強さなどが均一じゃないからうまく開かないんですよね、難しい…

クラムはこんな感じ。

e0166905_1146616.jpg


粉はタイプERに戻して、加水などはレシピ通りに作りました。
今まで作ったものよりは大きめな気泡が入りました。
味はやっぱり慣れているタイプERなので落ち着く味(^-^;)


パンをもうひとつ。

今、起こしたレーズンエキスで自分なりに元種を起こしています。
こんな出来、発酵具合で作れるか?と不安になりつつもパンを仕込んでみる。
レシピはメゾンカイザーのバタールのレシピを参考にしました。こちらのレシピは小麦由来のルヴァン使用でイーストも併用しているのですが、今回は入れないことにして、モルトもなし(省きまくり!)

初めての元種なのでどれくらいで発酵するかわからず、適当なタイミングでパンチ&見極め(笑)
トラディショナルで加水70%なのだけれど、1次発酵後は結構やわらかい生地でした。いざクープを入れたらダレる。もうゆるゆるな感じで半ばあきらめつつ窯入れ(T-T)
案の定クープは開かず、その分ほとんどしない横割れをして、変なものが焼き上がりましたが、中は気泡混じりの天然酵母っぽいクラムになっていました。

e0166905_1203481.jpg


しっとりしてこの感じは結構好き。
気泡の向きが下向きなのは、横割れしている方向に向いているから(^-^;)上が閉じているから、一生懸命伸びようとしたんだね~パン生地の努力に笑えました(^-^)



2分割の2本目は横割れしないように気をつけて、なんとかクープ部分が開きました~

e0166905_1241747.jpg

e0166905_124582.jpg















形は、要練習ですね…(T-T)
焼きたての香りは、酵母の香りは控えめで粉の香りが勝っているという感じでしたが、翌日はもっと深い香りになっていていい香りでした。今更ですが、酵母が翌日以降もおいしいってこのことなんだと思いました(^-^;)

味もそうだけれど、香りがいいと嬉しくなります。
新しく作ってみた元種ちょっと期待できそうだったので、自家製酵母が楽しくなってきました(>_<)

なんだか今日は今更ながらのことが多いですが、分かっていることでも身に沁みると心意気が変わりますね。


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2009-11-13 12:21 | パン