bread&deco

クグロフ・アルザシアン

フランスの地方菓子より

e0166905_11403750.jpg


本の説明では「バター、牛乳がたっぷり入ったリッチな発酵生地にレーズンを入れて、独特な形をしたクグロフ型で焼くアルザスの名物伝統菓子」とあります。

レシピ通り生イーストを使い、14cmの型に粉125gで作ったのですが、かなり膨らむ&発酵が早い!
1回目なので、レシピにある温度と時間でやってみたのですが、ちょっと発酵オーバーしてしまいました(>_<)
最近は自家製酵母ばかりだったので、焼成中や焼き上がった後もイースト臭が気になる…
短時間で膨らませたので硬くなるのも早めだったし、ホイロ後の生地の沈みや焼き縮みはなかったのですが、かなりキメも荒くなってしまった(T-T)
でも、膨らませる力の凄さは分かりました(^-^;)
次はイーストを1/3くらいに減らしてやってみよう。


e0166905_14144553.jpg


生イースト自体の臭いは、インスタントドライのものよりキツイということはありませんでした。

以前、瀕死のホシノでクグロフを焼いたときは、全くふんわりせず失敗に終わったので、必ずリベンジしよう!と思っていたので、「膨らみ」に関してはリベンジ成功なのですが、ちょっと膨らませすぎてしまいました~(^-^;)
発酵倍率や発酵にかける時間でしっとりさとキメは改善できそうなので、再リベンジしてみます。



e0166905_1424972.jpg


カヌレ。
前回と同じに作ったけれど、失敗なくおいしく出来た。
やっぱり毎回同じ出来になるものは、気負わず作れていいですね。



で、仕上がりが安定しないものの第一人者はこの方。

e0166905_147331.jpge0166905_1485081.jpg











e0166905_14113920.jpg

e0166905_14155556.jpg


クープがきれいに開かない~(T-T)
クラムも詰まっているし大穴が空いてしまうし、やっぱり丁寧さが欠けているのだろうか?

焼くのみですね、頑張ります。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ


参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね
[PR]
by ajisai-antique | 2009-12-20 14:22 | パン