bread&deco

ドッグパン

バターロールに引き続き、ソフト系食事パンの練習もしています。

今回はホットドッグ用のドッグパン。

e0166905_12365850.jpg


1回目の試作。
粉は、はるブレ120gにドルチェ40g。
あんまりヒキが強くなく、歯切れのよい食感にするために薄力粉を入れてみました。

酵母は、作りやすいのと軽さも欲しいのでイーストを小匙1/2使用。
仕込み水は水で、油脂はバターを使いました。


このカタチに成形する方法って何種類かあると思うのだけれど、今回は3種類の方法で試してみました(食感や窯伸びに影響があるか見たくって)
5分割にし、丸めはしっかりと。

①とじ目を上にし、ガスを抜き、上からきつめに巻いていき最後にとじ目をとじる
②とじ目を上にし、ガスを抜き、上下1/3ずつ折ってから半分にし、とじ目をとじる
③とじ目を上にし、ガスを抜き、上下1/3ずつ折って、上から2回巻いてとじ目をとじる


成形後の感じでは一番巻きにハリがあるのが③で、①はとじ目が真下に来なくて弾けないかちょっと心配(^-^;)

そして、結果。
巻きのきつかった③は横割れしてました。
一番ストレスなく窯伸びしていたのは②かな(巻きが少ない分そうなのかな?)
①は特に巻き目が弾けたりはなかったのだけれど、とじ目が底にまっすぐにないのが気になって…

食感や焼成後の大きさ的には、成形方法に変わりなく全て同じ感じでした。
ただ、真ん中に置いたものは熱風の関係か一番焼き色がついて、クラストも若干厚めになった分、ヒキが強くなっていました。

今回は焼成温度は230℃。
焼き色はとてもいい感じだけれど、次はもう少し温度を下げてみることに。
今回は、焼成後熱いうちに溶かしバターを薄く表面に塗っています。
なので、色もよりきれいになった気が。
でも、食べるときに手がバターっぽくなるのが難点…(T-T)



e0166905_12525545.jpg


そして、リベンジ!!

前回の味を見てちょっと配合変えてみました。

粉は、はるブレをみのりの丘に、バターをショートニングにして分量を↓、もう少し甘みがあってもいいかもと砂糖を少し増やしてみました。


成形方法は↑での②にして、それだけだと真ん中が太くなってしまうので、転がして少し細く。
焼成温度は200℃にしてみました。


焼き色は、やっぱり初めの方がムラなくしっかりついてきれいだったけれど、今回の方がクラストが少し薄めになっていいかな。
2つだけ、塗り卵をしてみたのだけれど、卵を塗った方が焼きムラが酷かった…(T-T)

オーブン奥側があんまり色づかず、きたなくなってしまいました。
食感は塗ってない方と変わりがなかったので、塗らなくてもいいかな(もともと卵を入れない配合だし…)


砂糖は4g増やしたのですが、結構甘みが出ていました。
甘くて、おいしい。ちょっと甘すぎるかも…??
甘みは粉を変えたのもあるのかもしれません。クラムは前回よりもふんわりで少しもっちりして、前回よりも好きな感じでした。
クラストのヒキも前回よりも軽減していました。

焼成後の溶かしバターはなし。
色のきれいさは負けるけれど、その方が手が汚れずいいかなと(^-^;)


もう少し作りこまないといけなさそうですが、このサイズ、市販のロングウインナーを入れてホットドッグにするのにちょうどよいサイズ!
イースト使用なので短時間でできるし(3時間ちょっと)夕ご飯あとに朝食分を仕込んだりするのにもいいかもしれません(^-^)

具だくさんのチリドッグが食べたいな~





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
クリック励みになっています。いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2010-08-10 13:13 | パン