bread&deco

ソフトフランスとワッフル

e0166905_9132773.jpg



少し前に、妹からのリクエストで焼いた「硬すぎないフランスパン」

ハード系は好きだけれど、クラストが硬すぎるのはちょっと食べにくいというので、強力粉(今回ははるブレ)のみで作ったもの。
表面がつるんとなるまで捏ねないも、いつものバゲットよりは捏ねています。

4分割にして、棒状に成形。
一度に焼成しましたが、小さいものの同時焼成は苦手…
1本クープなのにどうもバランスよく開かない~

e0166905_9222364.jpg



リベンジ(>_<)

e0166905_9233843.jpg


見た目は前回とほぼ変わらず(^-^;)
オーブンのクセなのか、奥側に置いた2本の両端のクープがくっついてしまい全部がきれいに開ききっていない(前回も同じように置き焼成したけれど、同じようにくっついていた)←まるでボーリングのピンのようだ…(T-T)
吹き出し口からの熱風が直に当たる場所なので、クープがその部分だけ、焼き固まってしまっているのかも。
天板を入れる段や、天板内での置き場所を変えてみるか…


クラムは…

e0166905_9284798.jpg


前回の方が気泡はたくさんありました(^-^;)
捏ねの方法が違ってしまったので、そのせいかな(多分捏ねすぎた)

肝心の味と食感の方は、いつもより食べやすくなっていて美味しかったと言ってもらえたので、まずは一安心。クラムも少しボリュームがありやわらかめなので、ハード系が苦手な人には強力粉で作ってみるのもありですね(^-^)


最近よく作るものと言えば…
パンではなく酵母系のお菓子。

と言っても作れるものはあまりなく(泣)定番どころのワッフル、スコーン(^-^;)

食事用ワッフル。
先日作った桃ジャムを添えて。

e0166905_9453578.jpg


粉はタイプERに全粒粉を合わせ、水分は少なめにして硬めの生地を作り、室温で2倍になるまで発酵(今回は7時間半)
分割後に軽く丸めたら、生地が少し緩むまで休ませる(ホイロと同じ、今回は40分)


パンのようなしっかりめのワッフルです(朝食べるパンがなかったので、朝食用に甘さ控えめのものを作ってみた)
ワッフルメーカーに入れると結構膨らむので上から押さえつけて焼く(笑)
うちのは持ち上がらないようにするストッパー(?)のようなものがついていないので(cloeのです)初めの何枚かは押さえつけて焼いていたのですが、試しに持ち上がるままにして焼いてみたら…

その方がおいしかった(>_<)
押さえつけなくても天板にはしっかり挟まれているので、両面の焼き色はしっかり付き、違うのは厚み。
押さえない方がワッフルに厚みが出るので、中がふんわりと膨らんでいます。
外はサクッ、中はふんわりもっちりで意外とイケる。

面白いのは両者(上のプレートを押さえて焼いたものと押さえず焼いたもの)で香りも違うところ。
押さえず焼き、厚みがあってふんわり焼けた方が香りも強くいい香りがしました。

ストレスなくふんわり焼けたものは香りがいいのか…
パンにも共通するような気がしたワッフル焼きでした(^-^;)


↑今回焼いたものは、パンのようなワッフルと言うよりむしろワッフル型のパンのような感じでしたが、加水や発酵、フィリングなどを変えていろいろ作りたいなと地味にハマっているワッフルです。




↑の写真で左にちらっと写っているグラスは、最近買ったアスティエのもの。

いつものぞくネットショップで見ていいなぁとしばらく思っていたものの、そうこうしているうちに売り切れてしまっていたので諦めていたら、実店舗の方で見つけたのでお買い上げ♪

実際手にとって見てみると、厚みも程よくデザイン性があるけれど丈夫で使いやすそうだったので即決でした(^-^)
やっぱり食器類は手にとって見てみると、悩まずに自分が好きか嫌いかがはっきりわかりますね。
実際に見た大きさ、手触りや重さなどは選ぶにあたり重要なポイントなんだなと改めて気がつきます。





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
クリック励みになっています。いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2010-08-26 10:15 | パン