bread&deco

パンの贈り物とホシノシュトレン

e0166905_12361914.jpg


12月の始めにある方からパンの贈り物をいただきました。
きっかけは、その方のブログで「パンに飢えてます~」と何気なく書いた私のコメントだったのですが、数日後に「夕べ焼いたパンをおくります」とメールを頂いて…

その日の夕方に山食とカンパ、さらにCDまでいただいてしまいました(>_<)

おくって下さったのは、 「薔薇の庭で粉あそび」のAmeliaさん
コメントで送りますよ~と言ってくださっていたのですが、とてもお忙しい方なので、まさかこんなにすぐ届けてくださるとは!とびっくり&感動ものでした(;-;)


e0166905_12451068.jpg


私の好みも覚えていてくださっていて、フィリングなしで全粒粉とライ麦入りのカンパ。
ライ麦の甘みが感じられ、風味がよくとっても美味しい♪

e0166905_12481956.jpg


ひとりランチにお店のデリといただきました。

e0166905_12511464.jpg



山食はトーストしてたっぷりのジャムと(^-^)
久々のパン&ジャム、とっても美味しくて癒されました。

AmeliaさんセレクトのCDも女性ボーカルの素敵な曲がたくさん入っていて、まるでおしゃれなカフェで流れている曲のよう(>_<)
夜娘が寝てから、旦那さんと2人でいいよね~♪と聴いています(^-^)

本当にありがとうございました(*^-^*)




パンをいただいて、私のパン焼き魂(?)にちょっと火が復活し(笑)、今月はクグロフなどの甘い系パンを焼いていたのですが、クリスマスと言えば、この時期しか作らないシュトレンをやっぱり作っておかなければ!!と(^-^;)
今年は自家製酵母のエキスも種もないので、初のホシノ酵母のシュトレンにチャレンジ(無謀…)してみました。


e0166905_130417.jpg


レシピもないし、発酵の取り方もよくわからないまま、去年のレーズン酵母のレシピをホシノに置き換えて、ホシノ酵母を使ったパンの本を見て発酵を考えてみることに。

ホシノは比較的高めの温度で1次発酵をとるレシピと、20℃くらいで取るもの、冷蔵発酵するものといろいろあってどれがいいのか余計にわからなくなったりしましたが、今回は、リッチな生地で発酵が鈍いことを考え、ある程度温度は上げて、バターが溶けないように28℃以下にしようと25~27℃で取ってみることにしました。

案の定、これでもゆっくり発酵で(^-^;)
ある程度発酵させたかったので2倍までみたかったのですが、結局1.5倍くらいで切り上げて分割へ。
あまり膨らんでいなさそうな生地でしたが、触ってみると、ガスが入っているのがわかる。

オーブン内では横に高さが出ると言うより全体的に大きくなった(笑)感じでしたが、焼きあがりはこんな感じ。

e0166905_1383013.jpg


…巨大です。
粉250gで仕込んでいるのだけれど、2分割でなくて3分割か4分割にした方がいいかな(-_-;)


e0166905_1395393.jpg


毎年気になるのは、中がちゃんと焼けているかということ。
しっとりしているのがおいしいシュトレンも、生焼けだと悲しい。

今回のものはしっとりしているけれど、ちゃんと発酵して膨らんだ感じの食感でした。
シュトレンはお菓子よりとパンよりのモノがあると思うのだけれど、私のはパンよりなシュトレンです。
もちっとした食感があるけれど、ねちっとしないものが焼けると嬉しい。





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
クリック励みになっています。いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2010-12-24 13:13 | パン