bread&deco

角食

久々に12cm角のキューブ型を出して角食を焼いてみました。

e0166905_14155093.jpg


この型でしかも角食はあまり作ったことがない(加えてうまくいった覚えも少ない…)のでホイロの見極めは心配でしたが、思いのほかうまくできてラッキー!!

相変わらず、自然光でない撮影は苦手(笑)
ハロゲンのペンダントライトのせいか、まるでスポットライトを当てられているかのような角食…

本当は室内はもっと明るいんですけどね。
目で見たままに撮るのって本当に難しいです(T-T)



なぜ、久々に角食かというと、ずっと迷っていたビタントニオのワッフル&ホットサンドベーカーを買ったから!(>_<)
すでにワッフルメーカーは持っていたので、同じ用途のものを買うのはどうも気が引けて(場所もとるし!)なかなか踏ん切りがつかなかったのですが、近くの百貨店で5250円で売られていたので、思わず迷いも吹っ飛びました(^-^;)

ポワソンプレートも2割引きで買えて、いいお買い物ができました♪♪


そんなわけで、ホットサンド用に12㎝キューブは出番が多くなりそうです。
粉はミナミノカオリ、水仕込み、バターあり卵なしのシンプルな配合なので、あっさりしていてサンドにはぴったり。
市販の8枚切りの食パンと比べると、自家製角食で作ったホットサンドは、ふにゃっとなりにくくしっかりとした食感と風味でボリュームがありました。

まあ、よく言えば、こんな感じなのですが、市販の角食と比べるとクラムのソフトさが足りないってことですね(-_-;)
…がんばります(>_<)




夏はぼちぼちしか作っていなかったパンですが、少しだけ写真を。


e0166905_17203639.jpg

e0166905_1720518.jpg


どちらもビビアンさんレシピで。
上が牛乳山食で下が黒糖山食です。


今までゴールデンヨットを使ったレシピは、思うようには伸びてくれないことが多かったのだけれど、こちらは気持ちよく伸びてくれました。

苦手だった最強力粉ですが、ヒキが強くておいしくなかった原因は、捏ね不足だったようです。
普通の外麦や国産小麦を使った時よりも、かなりしっかりミキシングをとることが伸びるポイントなのかなと感じています。
長くミキシングをとると言うか、「長めにミキシングしても大丈夫」という感覚に近いかも。

国産小麦は機械捏ねする場合、気を抜くとすぐ捏ねすぎて生地をもろくさせてしまう私(泣)ですが、最強力粉の時は、かなりしっかりめにまわしても大丈夫で、逆にしっかりつなげることが大事だなと思います。
本当、粉によって捏ねあがりの感じや時間も違うし、水分量でも結構変わってくるので、捏ねの部分ってやっぱり大事なポイントですよね。



e0166905_17213763.jpg

e0166905_17215029.jpg


ハロウィンの時に作った坊ちゃんかぼちゃのシチューと合わせて作ったバターロール。

バターロールも1年くらい作っていなくて、卵なし牛乳仕込みで作ったら、ちょっと生地が締まりすぎてしっかりめのパンになってしまった(^-^;)

やっぱり卵はちょっとでも入れて、水仕込みにした方がふんわり仕上がるのかなぁ?
練習したくても、消費のことを考えるとあまりバシバシ作れないのが悲しいところ。


坊ちゃんかぼちゃを器にしたシチューは初めて作ったのだけれど、器の内側の身の部分が甘くてとてもおいしい。
小さくて、見た目もかわいいし娘も喜んでくれました(^-^)
[PR]
by ajisai-antique | 2011-11-04 17:25 | パン