bread&deco

サンフルーツのマーマレード

5月の初めに作ったマーマレード。

e0166905_8264816.jpg



毎年違った柑橘類で作ってみようと思っていて、今年は近くのスーパーでお買い得(笑)だった三重南紀産のサンフルーツで作りました。

サンフルーツはあまり聞き慣れない果物だなと思い、調べてみたのですが、
別名「新甘夏」「田の浦オレンジ」とも言い、甘夏の枝変わりだそうです。

さらに詳しく見てみると、

『甘夏ミカンと比べ果皮が滑らかで、糖分は甘夏より若干多い品種。

同時期の「デコタンゴール」や「清見オレンジ」と違って、少し酸味が強く、
夏ミカン特有の苦味もあり、それがさっぱりとした爽やかな味わいを生み出します。

出回る旬の時期は3月下旬~5月下旬』


とありました。


確かに、甘夏よりも皮のゴツゴツ感は少なく滑らかできれいな表面で、皮を使うマーマレードにぴったり。
私は酸味のある果物が好きなので、好みのマーマレードになりそうなみかんでした(^-^)


毎年この時期はマーマレードを作っているのだけれど(一昨年は、日向夏、ネーブル、甘夏。昨年は清美オレンジ)種類による違いが楽しいです。

果肉もたっぷり使うので風味も強くなるし、苦味の調節もきくので、作り始めてからは、市販のものより断然おいしいなと感じています。

ただ、ほかのジャムよりは時間がかかるのが…(^-^:)
行程が多いので、気力のあるときに作ってます(笑)



肝心の今回のサンフルーツのマーマレードの味は…
甘夏よりも苦味が少なく(茹でこぼしの回数は同じ)砂糖は身と皮の重さの55%でちょうど良い甘さでした。

ちなみに、甘夏のときは60%、清美オレンジのときは45%。
砂糖を減らすと日持ちはしなくなるけれど、甘いだけのジャムよりは果物本来のおいしさを感じられるので、使う柑橘によって増減できるのも手作り&オリジナルのいいところですよね。

うちの旦那さんはマーマレードが好きなようなので(普段あまりジャムを食べない人です)トーストやヨーグルトに無言で使っているのを見ると何気にうれしい私です(^-^)

そして、やっぱりいちご派な娘。


これからはルバーブ、パイナップル、アプリコットなどが作れますね。
夏本番になってからは、桃もおいしいし♪

去年はルバーブはお取り寄せしなかったので、今年は作りたいなと思っています。
アプリコットは今年はシロップ漬けメインで作りたいので、そろそろ品種を調べて注文しておかないと…


だんだんおなかも大きくなって動くのもおっくうになりそうな気もしますが、気晴らしにいろいろ作りたいです。




そうそう、今日は金環日食でしたね、みなさん見ましたか?
ちょうど登校時間にかかっていたのですが、早めにスタンバイして意外とゆっくり見られました。

3倍拡大で見えるオペラグラスを用意しておいたので、欠ける様子がはっきり見えて、娘も面白かったようです(^-^)
[PR]
by ajisai-antique | 2012-05-21 09:17 | お菓子