bread&deco

カテゴリ:パン( 265 )

リベンジ! マフィン

軟弱マフィンから脱出するべく、お決まりのリベンジ。

e0166905_353026.jpg



今回は6つ全部いい焼き色がつきました(^-^)
配合は前回と同じで、意図的に変えたところと言えば、焼成時、下段で焼成していたのを中段にしたこと。
少し上火に近くしてみたら、しっかりと色付きました。

ただ、クラストが前回よりも厚くなり、食感もヒキが少し強くなってしまった…(T-T)
ホイロのとき、加湿しすぎた感もあるので、それが原因かもしれないのですが、焼成を変えたことも関係がありそう。
う~ん、一進一退。


もう少し改良が必要そうです(^-^;)




できたマフィンをサンドイッチに。

e0166905_311407.jpg


ハムチーズサンド。
地元産の春レタスが見るからにおいしそうで、こういうシンプルなサンドにしたくなります。
今の時期、ルッコラもおいしいので、生ハム(ヒネリがないですが…汗)もいいな(^-^)




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ


ブログ村ランキングに参加しています、お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。
応援クリック励みになっています(>_<) いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2011-04-10 03:25 | パン

エッグマフィンサンド

マフィンと言えば、やっぱり目玉焼きをはさんだ「エッグマフィンサンド」が食べたくなります。

↓で焼いたマフィンを使い、軽くトーストしてからサンドしてもおいしいですが、今回は焼き直しせずにもっちりした食感を楽しめるようにしてみました(オーブン奥側に置いたものを使ったので↓にアップしたものより焼き色が濃いめです。全てこのくらいついてくれるといいのに…!!)

e0166905_11544371.jpg



ヒキは強くなく、噛み切りやすくて食べやすい食感でした。

今回はベーコンエッグにしましたが、ハムでも(^-^)
マフィンは10㎝のセルクルで焼いているので、市販のロースハムとサイズがぴったり合う!
見た目にもスッキリしていい感じです。

娘は、目玉焼きはボリュームがあるせいか、スライスチーズとハムでハムチーズサンドの方が好みのようです…(^-^;)



合わせたうつわは、イイホシユミコさんのプレートに石川昌浩さんの浅鉢、河上智美さんのミルクピッチャー。
イイホシさんのプレートは大きいので、メインと何種類か副菜を乗せて使うのに便利です
(今回はおかずが少ないので寂しいですね~)
和にも洋にも合うところが気に入っています♪


河上さんのピッチャーは、上野のitonowaで見て一目惚れしたもの。
itonowaではスコーンにつけるジャムが入れてありました。
うちでは、ホットケーキのときのメープルシロップやサラダのドレッシング入れとして使っています。
ひとつずつ形が微妙に違うのがかわいらしい(^-^)


石川さんのガラスは、六角のぐいのみを持っていましたが、見た目だけでなく使い勝手もよいので(おっちょこちょいの私なんかには(笑)厚みがあるので洗うときなども安心感があってよい!)、最近新しく浅鉢を迎えました。


実はサラダや果物を盛り付けるのにちょうどよいガラスの器をずっと探していて、以前から狙っていたのをやっと決心して買いました。
使う目的が決まっていると、見つけるのに時間がかかるのもあるのですが、妥協もしたくないので、いいなと思うものが見つかってもなかなか買えない私(^-^;)
せっかく買ったもの、すぐ飽きて使わなくなるのは勿体ないし、作った方にも申しわけない。
石川さんの六角ぐいのみを使ってみて、ずっと使っていけそうだなと実感したので、まとめて家族3人分購入(>_<)

思った通り、朝食にちょこっと食べるサラダにいいサイズ感だし(少食のうちの家族にぴったり)、一人分の果物をデザートに出すのにもいい感じ(*^-^*)
プリンやあんみつにも使ってみたいなぁ(あんみつにはちょっと高さが足りないか?)


自分の家族の好きな食べ物や、食べる傾向、自分の作りたい料理などがよく自分で分かってくると、より満足したうつわ選びができるようになるんでしょうね。

少しずつ、ずっと飽きずに使っていけるうつわを揃えられるといいなと思っています。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


ブログ村ランキングに参加しています、お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。
応援クリック励みになっています(>_<) いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2011-04-07 12:44 | パン

マフィン

久々にマフィン(イースト使用、冷蔵発酵のもの)を作ってみました。

e0166905_1164314.jpg


以前作って手直ししたレシピが作らずそのままになっていたので、検証も兼ねて。
以前作ったものはコチラ

以前はコーンミールをつけていたので、焼き色の薄さは感じなかったのですが、コーンミールがないと、なんとも色白で軟弱な感じ(笑)
しかも、奥の2つだけ焼き色がつくのが悩みどころ…
焼成温度と焼き時間はコーンミールつきと同じにしたのですが、プレーンマフィンだともう少し温度を上げてみてもいいかもしれないですね(^-^;)

以前は型に対する生地量が多く感じたので、手直しレシピは生地量を減らしてみたのですが、クラストのシワシワが気になる…
減らしすぎた感じはないのだけれど。もっとしっかり焼いたら改善するか?!


コーンミールつきのイングリッシュマフィンもおいしくて大好きだけれど、こちらの何もついていないものも、口当たりが柔らかくて好きです。
サンドにももちろんだけれど、ジャムやクリームチーズを塗ってちぎって食べるにもよし(^-^)


朝食はご飯食にしていた我が家だけれど、和食の方が支度にお水(お水、大丈夫というけれど、やっぱりちょっと心配なのです…)や電気を使うなぁと、パン食生活にしてみています。
娘も、やわらかいパンだとすすみも早く(やっぱりネックはハード系の硬さだったかも…笑)食べてもらえて、嬉しい私(^-^)

前の晩に捏ねておく冷蔵発酵ならば、朝ごはんの時間の2時間くらい前に冷蔵庫から出して、分割→ベンチタイム…と進めば、焼きたても食べられます♪

普段はふんわり系だと冷蔵発酵をしないで、1次発酵を30~35℃くらいで取るのが好きですが(生地温が高いので、ホイロの上がりも窯伸びもスムーズなので。ボリュームを出したいときは、こっちかな)マフィンは冷蔵発酵のもっちりしっとりもおいしい。


やっぱり、パン焼きって楽しいですね(>_<)





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

ブログ村ランキングに参加しています、お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。
クリック励みになっています。いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2011-04-04 11:38 | パン

折り込み三昧

なかなか火がつかず、今シーズンは作らないまま春が来るんじゃないかと思っていたのですが、一回やる気になってしまえばすぐ、いつもの祭りモードに突入(^-^;)

作ってもなかなか減らない我が家では、一回クロワッサンを作ると2、3日はあり(笑)なくならないので、練習もそんなに続けて出来なかったのですが、生地量を少なくし6個だけ出来るレシピに変えたら、おいしいうちに食べきれるしすぐ練習できるしで、まさに一石二鳥!!

まずは、クロワッサン。

e0166905_942042.jpg

e0166905_942186.jpg


発酵させすぎて、ちょっとパンぽく、詰んだ層になってます…(T-T)
形も変だし。

めげずに、

e0166905_9433825.jpg

e0166905_9434982.jpg


粉量は変えずに、その他の配合、工程を変えて、成形方法も去年やっていたものに戻して作ってみました。
見た目も結構変わりますね。こちらの方が好み。
内層は前回のよりは少しマシですが、まだまだ。


気分を変えて、

e0166905_9451179.jpg

e0166905_9452476.jpg


パン・オ・レザン。
こういうパンって大好きで、パン屋に行くとつい買ってしまうのだけれど、自分ではちょっと面倒で(カスタードを炊くのがね…)作ったことがありませんでした。
でも、卵黄1個分でちょうどよい分量のカスタードクリームができて、1回作ってしまえばなんてことはなく(笑)やっぱりクリームとレーズンの組み合わせはハズレはないですね(今回はカリフォルニアレーズンを使ったけれど、次はサルタナで作りたいな)

今回は、巻きの回数が少なく、見た目がイマイチだったので、次は成形時に伸ばす大きさと巻き込む方向に気をつけてやってみようと思います。


そして失敗気味のパン・オ・ショコラ。

e0166905_9515432.jpg


一見、見た目は普通なのですが、食べてみると「アレっ?!」となります(笑)

e0166905_9524642.jpg


発酵の取り過ぎで(あと、グルテンが出すぎていたのもあるかなぁ…)層が膨らんでしまっています。
バターと生地の間に層があるのではなくて、生地の間も膨らんでしまったみたい(^-^;)

バター漏れは全くなく、きれいに焼けたのですが、食べてみるとふかっとボリュームがある。
カットした断面の層が焼き上がりにきれいに見えないときは、生地の発酵のバランスがうまく取れなかったのかなと最近は思います。
全く発酵が取れていないと、パイのようにもっとザクザクしてしまうし、かといって、取り過ぎると折り込み生地の良さのハラハラした層の感じが出ない。

ザクザクした食感は欲しいけれど、食べたときに、少しヒキのある感じも欲しいし、この辺の発酵や生地のグルテンの出し方がポイントとなってくるんでしょうね。

外はとても暖かい日もあったりして、確実に春に近づいて行っているけれど、なんだか面白くて、折り込み練習がしばらくやめられなさそうです(笑)





かなり遅ればせながら…ですが、ひなまつりの記録を。

e0166905_1021589.jpg


定番のちらし寿司と蛤のお吸い物でお祝いしました。

e0166905_103060.jpg


器は、玉山さんのお椀をようやく解禁しました♪♪
2ヵ月間、直射日光の当たらない場所で空気に触れさせて(漆が硬化するらしいです)出番まで準備しもらっていました。

器は見た目だけでなく、手に持った時の重みや口を付けたときの感触も大事な部分ですが、軽すぎない適度な重みとしっくりと唇になじむ感じがとてもよくて、さらにいい器だな~と実感しました(^-^)
きれいな朱のうつわは、イベントやお祝いのときに使って、長く大切に使いたいと思います。


↓の記事では桜の枝を飾っていましたが、いい枝ぶりの桃の花も見つけることができました。

e0166905_10112757.jpg


娘に教えたいと、行事の本を探していたのですが、私もよく読んでみると曖昧な知識だったり知らないことも多く、勉強になりました。
今は、日本の行事や暦のことなどを書いた子供向けの本ってたくさんあるんですね。
私は、こちらを買ってみました。こっちもよかったな。


よく理解が深まると、やっぱりひなまつりは「桃」なんだなと思ったり。
「3月のえほん」にはちらし寿司とお吸い物のレシピも載っていて、今年はそのレシピで作ってみました。
子供も分かりやすいよう工程に全て絵も付いているので、娘も見ていて楽しそうで、おかわりもしてよく食べてくれました(^-^)

大人がみても面白い絵本だったので、毎月買ってみようかなと思います。





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
クリック励みになっています。いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2011-03-08 10:39 | パン

パン 焼きはじめ

今週からやっと幼稚園も始まり、いつものペースに戻ってきました。
気がつけば、1月も半ば。
早いものですね…(^-^;)


昨年末からスローペースにしているパン焼きですが、ぼちぼち焼きはじめています。

e0166905_1343045.jpg



今週、ABCのパンレッスンがあったので、練習していこうと焼いたイーストのバゲット。
実はこちらはリベンジもの(笑)
バゲットは半年以上焼いていないので、加水も低め(64%)粉はゆきちから。イーストは1%でストレート発酵で。

↓初めはこんなものが焼き上がる(T-T)

e0166905_1395547.jpg



クープがおとなしい&焼き色薄い。
軽いは軽いのだけれど、香りがイマイチで。

レシピ通り220℃で初めから焼成したのだけれど、低かったみたい(多分実際の庫内の温度は220℃ないのだと思う)
同じ配合で、リベンジしたのがトップの写真のもの。

成形、クープ入れ、ホイロの見極めなどは同じで、焼成温度と方法を変えただけなのだけれど、クープの開きが少し改善し、焼きあがりの香りがぐっとよくなった。

やっぱり焼成って大事なんだな…と思う。


でも、配合や発酵の工程は同じ(計量からで3時間ちょっとか)なので、クラムは2本とも同じ(^-^;)

e0166905_1317531.jpg


気泡見当たらず(笑)
上が1回目のもので、下がリベンジしたもの。

リベンジものは気泡がなくても軽く、香ばしさがおいしかったのでそのままいけましたが、焼き色が薄い方はお菓子へと変わっていただく(>_<)


e0166905_13202386.jpg



ラスクではなく、しみチョコ系。
チョコレートと牛乳を合わせた液にスライスしたバゲットを浸してオーブンで乾燥焼き。
穴ナシのバゲットだと、食べる部分もたくさんでもってこいでした(笑)



あとは、いまいち上手く焼けないホシノ山食。

e0166905_13223424.jpg



旦那さんからリクエストされたピロシキ。

e0166905_13234129.jpg


ピロシキって作ったことがなかったのだけれど、カレーパンの生地に具を入れただけ(^-^;)
具の味付けはよくわからなかったのですが、旦那さんが「自分で作る!」と言ってきたので、お任せしてピロシキ夫婦コラボ。

e0166905_13301045.jpg


が、中がスッカスカ!!!
包み方もカレーパンのようにしてしまったので、具がぽろぽろして包みにくく、あんまり入れられなかったんですよね(-_-;)
あんぱんのような包み方にしてしまった方がよかったかも。

これもリベンジしたいところ…



↑ピロシキを乗せたバットのような容器ですが、最近またハマっている野田琺瑯のレクタングル浅型です。
フタがついているのですが、バットのようにも使えて、バットを買うより(下ごしらえして冷蔵庫にいれておきたいときなんかにも)便利です。
しかも、手持ちのメーカーの違うバット用の網がぴったりはまったことに、かなり喜びを感じる私です(笑)

こうやってたまたま組み合わせたものが上手くいくとなんだかいいことがあったように感じるのは私だけ?!


おせちの保存用に使ってからまた気になりだし、着実に数が増えてます。
今はセールで30%offになっているお店もあるので、こういう時に揃えたいなと思って財布のヒモが緩みますね~(^-^;)






にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
クリック励みになっています。いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2011-01-15 13:42 | パン

クグロフ(チョコ&マカダミア)

クリスマス前に焼いたクグロフ。

e0166905_1943980.jpg



短期間で何個か焼いたので、生地の配合も掴んできて安心して焼けるように(^-^)
幼稚園から帰ってきた娘におやつとして出すと(←おなかが減っているときって言うのがポイント 笑)甘くておいしい♪とモリモリ食べてくれるので、減りが早くてウレシイ(^-^;)

これが朝だったりすると、いらないと言われてしまう。
朝はご飯&味噌汁&漬物が一番嬉しそうな娘です。

e0166905_1994617.jpg



今回は焼いたあとのシロップ&アイシングはナシで。
ふんわりやわらかい生地にナッツの食感がいいアクセントになりました。





クリスマスの前の晩、今年も娘と一緒にサンタさんへのクッキーを焼きました。

e0166905_19122124.jpg


クッキーなんて年1回この時しか焼かない私なので、どんな焼きあがりになるか心配でしたが、意外にもサクサクおいしいクッキーになっていてビックリ(笑)

型抜きは娘がぽんぽんやったので(余り生地が1回にたくさん出来る…)、3番生地ならず6番生地くらいまでいっちゃいましたが、最後の方もかたくならずにおいしい(^-^)


薄力粉のうちでもグルテンの少ないものを使い、スコーンを作るときのように練らずに切り混ぜしたあと、カードで切っては重ねてを数回繰り返してまとめたのがよかったのかも。
生地にはアールグレイの茶葉を入れました。

あまり焼き菓子が好きでない娘も、このときばかりは手が止まらずつまんでました(笑)


娘からの手紙は…

e0166905_19242476.jpg


…なぜか、全てカタカナ表記。そして、「シ」が逆…(T-T)
サンタさんもさぞ読みづらかったろうに(^-^;)


翌25日の朝にはちゃんとクッキーもなくなっていたし、お願いしていたプリキュアの人形(ハートキャッチでなく、昔の5人組の方)ももらえて、満足げな娘でした♪


こうやっていつまでクッキーを一緒に作れるかなぁ…




クリスマスも終わり、部屋をお正月モードにチェンジ。
やっぱり赤と白は使いたい(^-^)

玄関まわりの掃除をしてしめ飾りと鏡餅を飾ったら、一気にお正月らしくなりました。
キッチンのスパイスラックもこちらに変えて、コンロ前がスッキリして気分一新です(>_<)

黒豆やかずのこも仕込んだし、明日も準備頑張ります~




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
クリック励みになっています。いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2010-12-28 19:30 | パン

パンの贈り物とホシノシュトレン

e0166905_12361914.jpg


12月の始めにある方からパンの贈り物をいただきました。
きっかけは、その方のブログで「パンに飢えてます~」と何気なく書いた私のコメントだったのですが、数日後に「夕べ焼いたパンをおくります」とメールを頂いて…

その日の夕方に山食とカンパ、さらにCDまでいただいてしまいました(>_<)

おくって下さったのは、 「薔薇の庭で粉あそび」のAmeliaさん
コメントで送りますよ~と言ってくださっていたのですが、とてもお忙しい方なので、まさかこんなにすぐ届けてくださるとは!とびっくり&感動ものでした(;-;)


e0166905_12451068.jpg


私の好みも覚えていてくださっていて、フィリングなしで全粒粉とライ麦入りのカンパ。
ライ麦の甘みが感じられ、風味がよくとっても美味しい♪

e0166905_12481956.jpg


ひとりランチにお店のデリといただきました。

e0166905_12511464.jpg



山食はトーストしてたっぷりのジャムと(^-^)
久々のパン&ジャム、とっても美味しくて癒されました。

AmeliaさんセレクトのCDも女性ボーカルの素敵な曲がたくさん入っていて、まるでおしゃれなカフェで流れている曲のよう(>_<)
夜娘が寝てから、旦那さんと2人でいいよね~♪と聴いています(^-^)

本当にありがとうございました(*^-^*)




パンをいただいて、私のパン焼き魂(?)にちょっと火が復活し(笑)、今月はクグロフなどの甘い系パンを焼いていたのですが、クリスマスと言えば、この時期しか作らないシュトレンをやっぱり作っておかなければ!!と(^-^;)
今年は自家製酵母のエキスも種もないので、初のホシノ酵母のシュトレンにチャレンジ(無謀…)してみました。


e0166905_130417.jpg


レシピもないし、発酵の取り方もよくわからないまま、去年のレーズン酵母のレシピをホシノに置き換えて、ホシノ酵母を使ったパンの本を見て発酵を考えてみることに。

ホシノは比較的高めの温度で1次発酵をとるレシピと、20℃くらいで取るもの、冷蔵発酵するものといろいろあってどれがいいのか余計にわからなくなったりしましたが、今回は、リッチな生地で発酵が鈍いことを考え、ある程度温度は上げて、バターが溶けないように28℃以下にしようと25~27℃で取ってみることにしました。

案の定、これでもゆっくり発酵で(^-^;)
ある程度発酵させたかったので2倍までみたかったのですが、結局1.5倍くらいで切り上げて分割へ。
あまり膨らんでいなさそうな生地でしたが、触ってみると、ガスが入っているのがわかる。

オーブン内では横に高さが出ると言うより全体的に大きくなった(笑)感じでしたが、焼きあがりはこんな感じ。

e0166905_1383013.jpg


…巨大です。
粉250gで仕込んでいるのだけれど、2分割でなくて3分割か4分割にした方がいいかな(-_-;)


e0166905_1395393.jpg


毎年気になるのは、中がちゃんと焼けているかということ。
しっとりしているのがおいしいシュトレンも、生焼けだと悲しい。

今回のものはしっとりしているけれど、ちゃんと発酵して膨らんだ感じの食感でした。
シュトレンはお菓子よりとパンよりのモノがあると思うのだけれど、私のはパンよりなシュトレンです。
もちっとした食感があるけれど、ねちっとしないものが焼けると嬉しい。





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
クリック励みになっています。いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2010-12-24 13:13 | パン

クグロフ 2種

去年もこの時期焼いていたような…

1年ぶりのクグロフです。
去年はシンプルにアルザス風(発酵させるタイプ、フィリングはレーズンでアーモンドをアクセントに)にしたので、今年はアレンジバージョンで。

と言っても、やっぱりパン好きとしては焼き菓子タイプではなく、発酵させて膨らませるものを作りたいので(妙なこだわり 笑)イースト使用のものを作りました。

副材料が多いので、イーストは金サフで。
粉125gに対し、小さじ1/4で作りましたが、1次発酵30℃で3時間弱(途中パンチを入れると、2時間弱で上がります)
2.2~2.4倍くらいまであげましたがオーバーな感じはなかったです。
ホイロは33~34℃で40~50分。
全体で5時間くらいで焼き上がるのが早くていいです♪(←自家製酵母でパン焼きしていると、感覚がマヒしてきますね 笑)



e0166905_101242.jpg



こちらは、クグロフ・オ・カフェ。
コーヒー味の生地にチョコチップが入っています。
仕上げにコーヒーリキュールの入ったシロップをうって、冷めたらアイシングがけ。

カロリーなどは開き直って、かなり甘々です(^-^;)
菓子パンを作るときは、家だとついバターや砂糖を減らしたくなっちゃうんですが、やっぱりしっかりとした甘みがあった方がおいしいですね。

パン屋で買うときも、美味しいものには大量のバターと砂糖が入っているんだということを忘れないようにしないと…笑



そして、

e0166905_1019268.jpg



キャラメリゼしたりんご&シナモン。

仕上げには、カルバドス入りのシロップ&シナモンシュガー
こちらもこれでもか!と言うくらいの仕上げですが、食べると以外にも甘すぎないのが怖い…


15cmのクグロフ型で焼いたので、食べきりサイズ。
今回は妹の新築祝いにお呼ばれしたので、お土産にと焼いてみました。


e0166905_1022413.jpg


こんなふうにラッピング。
1斤の食パン用の袋にピッタリと入ります(コレ、意外でした)

e0166905_10234022.jpg


油脂分の多い生地&シロップをうっているので、ベタつき防止にワックスペーパーを入れただけのシンプルな包装だけれど、このくらいがスキです。
もっとワックスペーパーの色の種類があればいいのにな…
口を縛る用のリボンや紐も欲しいです。


ラッピング作業って楽しいですよね(>_<)



今回はクリスマスも意識してクグロフ型を使ってみましたが、他の型でもいいですね。
クグロフ型はふんわりと焼けるらしいです。

油脂多めの生地を作ったので(手捏ねです)次は卵も多く入れてブリオッシュデビューしてみたいなぁと思っているものの、年内は無理そうな予感です…(T-T)




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
クリック励みになっています。いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2010-12-16 10:32 | パン

ふんわりかぼちゃパン

10月の雅子先生のレッスンは、かぼちゃを使ってふんわりした食感に仕上げるパンのレッスンでした。

生地は家に持ち帰って焼き上げなのですが、型も好きなのでよいし型に入れなくてもOKとのことで、家に帰ってから手持ちの型をごそごそと探す…
食パン1斤型ではいつもとおんなじだし(笑)パイ皿にぐるりと並べるかリング型で迷ったのですが、結局、買ってからほぼ使われたことのなかったリング型にすることに(^-^:)


e0166905_15213548.jpg



焼き上がりはふっくら丸くてカワイイ感じ♪
たまにはこういうパンもいいですね~

でも、ついついどれくらい伸びたか窯伸びした部分に目がいってしまう(笑)


食感は山食のふんわり感とは違ったやわらかさで、しっとりとしてちょっとむっちりした感じもありの新鮮な食感でした。
とても食べやすい食感。
型の比容積も関係していそうです。


そして、日数が経ってもこの食感が長続きしていてびっくり(>_<)
このパンは山食より型比容積が小さいのですが、小さいと詰まって硬いパンになると思っていたので、意外な発見。
かぼちゃなどの副材料の効果というのもあると思うのですが、型比容積も考えて、自分の思う通りの食感のパンが作れるようになれるとより面白くなりますよね。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


お帰りにクリックしていただけると嬉しいです。
応援クリック励みになっています(>_<) いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2010-10-27 15:48 | パン

パンとお菓子便

先日、ブログで仲良くさせていただいているエリカさんからパンとお菓子をいただきました(^-^)

e0166905_2336557.jpg



写真は、ホシノ酵母使用のきなこキャラメルスコーンと牛乳ロール。

ホシノのスコーンは美味しいと聞きながらも未だ作ったことのない私ですが、やっぱり作りたい!と思わせる美味しさでした。
2日めのものとおっしゃっていたのですが、サックリしていて硬くなく好きな食感(^-^)

私が自家製酵母で作るスコーンは4日めでも結構ザクザクしているのに、ホシノのスコーンはこんなに優しい食感なのか~と。


牛乳ロールは、ロールパンの成形ですが、普段私が作るロールパンとは違ってもっちりな食感。
この食感は、焼き色を付けずに浅めの焼きにしているのにも関係しているのかなと思ったり、他の方のパンを食べるのって勉強になります。


e0166905_23452055.jpg

e0166905_23461836.jpg


ワッフルやスマイルビスケットも(^-^)
スマイルビスケット、やっぱり実物はカワイイですね♪和みます(*^-^*)
しっかりとした食感で1枚でも十分満足できる感じのビスケットでした。


そして、バゲットも送ってくださいました。

e0166905_23474996.jpg


ニシノカオリを使ったバゲットとのことで、箱を開けたときのとてもいい香りの犯人はコレでした。
以前(と言っても結構前ですが…)1回だけニシノカオリバゲットを作ったことがあるのだけれど、そのときはもう散々で(笑)
私が作ったときは結構味の濃いバゲットができあがったのですが、エリカさんのバゲットは濃すぎる感じがなく、軽く焼くと外はサックリなかはもっちりな感じで、作る人が違うとこうも変わるのね~とまたまた勉強になりました(>_<)



こんなにたくさんのものを作って送るのは本当に大変だったろうなと思うと、エリカさんの思いがとても嬉しかったです(*^-^*)
このたびは本当にありがとうございました♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2010-10-18 23:58 | パン