bread&deco

カテゴリ:お出かけ( 18 )

山形へ…

先週末、久々にお泊りでのお出かけに行ってきました。

場所は、温泉に行きた~い(>_<)!!と言っていた長女の意向も兼ねて、夫婦で以前から行きたいと思っていた銀山温泉に(^-^)
次女は4ヶ月にて温泉デビュー♪

銀山温泉は、こじんまりとした温泉街ですが、とても風情があるところです。
e0166905_8184512.jpg



旅館も古くからあるものが多く、窓や街灯の灯りがとても素敵なところでした。
雪も降っていて、すぐ手がかじかんでしまうくらい寒かったですが、せっかくなので夜の散歩へ(^-^)

e0166905_825676.jpg

なんとなく、千と千尋の神隠しを思い出しました(笑 温泉つながりだし)

e0166905_826672.jpg

中には、ちょっと洋風な旅館も。
こちらは女将さんが外国人の方とのこと。
クリスマスツリーも飾ってあり、おしゃれなエントランスでした。

e0166905_8275829.jpg

こちらは打って変わって、純和風。
旅館の名前がフルネームです(>_<)


大人はこんな感じで景観を楽しんでしたのですが、その間長女は雪だるま作りに夢中…
寒いのに飽きずに雪玉を転がしていました。




e0166905_8334751.jpg


明るいときはこんな感じ。
少し積もった雪がいい感じです。

地元では見たことがないつららも。

e0166905_835728.jpg

こうやって見ると、クリスマスの飾りのようで綺麗ですね。
娘には初めて見たつららでした。

こんなかわいい暖簾も。

e0166905_83776.jpg






最近は、北関東でも雪は滅多に降らないので、雪のあるところに来るとちょっとワクワクします(さすがに娘のようにせっせと雪だるま作りはしないですが 笑)

山形には年1回くらいは行っているのですが、忘れずに玉こんにゃくもいただきました!
お土産用にもしっかり買って(>_<)


あと美味しかったのが、ずんだ餡の大福。
ずんだといえば、宮城というイメージでしたが、東北に広く伝わる郷土料理のようですね。

今回食べたのは、古代米の黒米を使った大福の生地でずんだ餡を包んだ「古代米餅」。
尾花沢のうろこや さんが出しています。

一見外側があずき色なので、おはぎ?と思うのですが、あんこではなく大福の皮なところに驚かされますが、モチモチした食感とクリーミーなずんだ餡にハマりました。
あとから、もっと買って帰ればよかった!と後悔したのですが、お取り寄せができるみたいです(^-^)


ほかには、のし梅を初めて食べたのですが(山形銘菓なのですね)駄菓子のようで、娘も気に入っていました。
旅館オリジナルの山ぶどう菓子も美味しくて…

↑なんだか後半食べ物ばっかり書いてますが(笑)温泉もとっても良かったです。
温泉付きの部屋に泊まったので、いつもより温泉にたくさん入れた感じです。
次女は部屋の温泉に入れたので、大浴場に連れて行く手間もなく、湯冷めもなくで、小さい子がいる家族にはぴったりでした(ガラス張りで部屋から浴室が見えるので、長女も一人で温泉に入って寛いでました~)


食べてお風呂に入って…の、のんびりな旅だったので案の定体重が…!!(T-T)
パイをせっせと作って(&消費)いたあとだったので、体重がヤバイなと思っていた矢先の温泉旅行。

お菓子作りはちょっと節制して、お土産のこんにゃく食べて体重戻します~
[PR]
by ajisai-antique | 2012-12-07 09:13 | お出かけ

七五三

昨日11月15日は暦上の七五三でしたね(^-^)

去年は妊娠中ということもあり、着物選びやお出かけができない状態だったので、写真は出産後落ち着いてからということにし、お参りのみ近くの神社で済ませていました。

なので、今年は両親へのお披露目(?笑)と写真撮影のみ行ってきました。
(食事会はまた今月末にする予定。赤ちゃんがいると長時間のイベントは大変なので、分割にしたほうがお互いの負担も減りますよね)

e0166905_9542654.jpg


着物はアンティークのもの。
色柄は娘が選んで決めました。


昔から7歳の着物はアンティークのものを着せたいと思っていたので、私としても念願叶ったりです♪

京都のアンティーク着物やさんに探しに行ったこともあったけれど、柄や状態、サイズに納得のいくものを探すのは難しくて…
アンティークに拘らず新しいものを購入することも考えたのですが、次女も生まれたので、ひとりひとりに似合った着物を着せたいと思い、7歳の着物はレンタルすることにしました。


e0166905_1051382.jpg


アンティーク着物やさんのレンタルなので、帯も昔のもの。
今のものより小さくかわいいと着付けをしてくださった方も言ってくれました(^-^)
しごきの結び方もお花のようでかわいくて、なんだか親の自己満足になってます(笑)
私自身もアンティークの着物や羽織、帯を持っていますが、やっぱり昔のものは色味がいいですね。
私も久々に着物、着たくなりました(>_<)


e0166905_1112846.jpg


髪の毛も肩より少し下くらいでしたが、なんとか日本髪に結えました。


小さい頃のこういった行事は、その当時はなかなか子供自身が楽しめてできるものじゃなかったりしますよね(実際帯がきつい、疲れた~などと言っていました 汗)
でも、きちんとしておくと、子供が大きくなった時にやってもらってよかったなと思えるし、いい思い出になるので(私もそうでした)次女のイベントもしっかりやって、思い出になるよう残してあげたいなと思います。






にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
また参加してみました。
よろしければお帰りの際ぽちっとよろしくお願いいたします(>_<)
[PR]
by ajisai-antique | 2012-11-16 11:16 | お出かけ

ブルーベリー狩り&ジャム

「ブルーベリー摘み取り」に行ってきました。

e0166905_10252132.jpg



○○狩りというのに弱いうちの家族…
去年はいちご、ブルーベリー、みかん、りんごなど。
さくらんぼ狩りに1回行ってみたいのだけれど、近場で出来るところがなく、まだ実現せずです(^-^;)


今年はジャムを作ろう!と決めて行ったので、食べるだけでなく摘み取りの方も頑張りました(>_<)
去年より大粒で甘いものが多く、そのままでも十分美味しくて、ジャムにしたら最高だろうな~とさらに気合いが入る。

何種類か植えてあると思うのだけれど、木によって実の大きさや形、味が違うのも面白い。
親指大のものもなっているもの、熟しても小粒のもの、甘みと酸味のバランスがよいもの、とても甘いけれど甘いだけのもの、酸っぱいもの…

でも、大抵は摘まむと引っ張らなくてもぽろっと採れるものが甘かったです。
農園の方に、「花落ちの部分が赤いものはまだで、全体が黒っぽいものが甘くておいしいよ」と教わりました。


e0166905_10261791.jpg
e0166905_10262924.jpg



↑の2枚は、私がせっせと実を摘んでいる間に、旦那さんが「ブログ用の写真撮っておくね」と言って撮ってくれた写真(^-^)

娘も、カゴの中の実を撮ってくれました。ちょっとブレてますが…(^-^;)

e0166905_10282846.jpg



私も写真を撮ったのですが、なかなか上手く撮れなくて、

e0166905_1034341.jpg
e0166905_10293682.jpg


木と木の間で、葉の影にこっそりなっているものを撮るのが好きなのだけれど、ピントを合わせたり、色をきれいに出したりするのが上手にできない(T-T)
やっぱり光が当たる場所にある実を撮る方がきれいに実が写るようですね…


帰ってきて早速作ったジャム。

e0166905_1037081.jpg


持ち帰った実が全部で550gだったので、150gは冷凍し、400gをジャムにしました。
砂糖は50%の200gで。
レモン汁は6%入れました。

ブルーベリージャムは冷えると結構固くなると聞くので、煮詰めすぎないように気を付けました(20分ちょっとで出来上がり!)
やっぱり冷えると固まっていました。
私はちょうどいい固さだなと思ったのですが、緩めが好きな人はもう少し時間は少なくした方がいいかもしれないです。


甘みの強い実を使えたので、味が濃く、甘くてもくどさのないジャムができました。
酸っぱいもの好きな私は、いつもジャムにはレモンを入れすぎてしまう傾向にあるのだけれど(笑)今回は多分ちょうどよい感じ(^-^;)

出来たのは80ml入りの瓶3つ分だったので、来年はもっと摘み取ってこようと思います(^-^;)





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
クリック励みになっています。いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2010-08-17 11:26 | お出かけ

益子でランチ♪ と 先週のパン焼き

先日、自家製酵母のレッスンでご一緒させていただいたYさんと益子に遊びに行ってきました。

レッスンで同じ市内に住んでいることが分かってびっくり&嬉しくて、以前ランチした時もパンの話で盛り上がり、娘のお迎えの時間に間に合わなくなったことが…(^-^;)

今回車を出していただける♪とのことで、ずっと行ってみたかったSTARNETへ(^-^)

STARNET、このところいろんな雑誌に取り上げられていて、ますます行きたい熱がアップしていたところだったのですが、なかなか行く機会が持てずで…
かなりの期待を持っていざ益子へ!!


e0166905_13505987.jpg


山の食堂の店内。
落ち着いた雰囲気です(外観写真は撮るのを忘れてしまいました…)
「山の食堂」という名前の通り、道路脇の坂を上がった見晴らしのよい場所に建っています。


ランチは、オーガニックのお野菜を使った3つのコースから選ぶようになっていて、メインのお料理のみ違います。
私は豆と雑穀と鶏ミンチのステーキを頼んでみました。

e0166905_145873.jpg


まずは温かいお茶(なじみのない名前だったので、名前を覚えられず…)が出され、そのあとにじゃかいもときゅうりの冷たいスープと豆パンが運ばれてきました。
この豆パンは、入り口にてお土産としても買うことができます。
サイズは小さいですが、お豆がたっぷり入っていて満足感があります。ほんのり温めて提供されているのもいい感じ♪

e0166905_14503546.jpg


地元産の有機野菜のサラダ。
オリーブオイル、お酢、塩のシンプルな味付けですがとても美味しい。
そしてお皿も素敵(>_<)

e0166905_1411416.jpg
e0166905_14111723.jpg


メインです。
つい写真を撮る前に食べ始めてしまって(^-^;)お見苦しくすみません…(T-T)

このプレートだけでもかなりのボリュームです。
男の方でも十分おなかがいっぱいになるランチだと思います。

ご一緒したYさんはオムレツのプレートを選ばれていました。


最後はデザート。

e0166905_14151353.jpg


芋羊羹とアイスクリーム。

お茶は少なくなるとささっとスタッフの方が来て注いでくれます。
お料理の説明もテーブルに持ってきていただくごとに説明がありました。
スタッフの方の口調や物越しも、とてもゆったり落ち着いており、心地よい空間です。


ランチもとても美味しくて満足!でしたが、インテリアもとても素敵(>_<)

e0166905_14193486.jpg
e0166905_14194642.jpg
e0166905_1420141.jpg


和と洋がミックスされたような、センスのいいインテリアで、家具や建具までとても気になってしまい、思わずじろじろ見まわしてしまいました(笑)


10歳以下は入店できないので、山の食堂の方は家族で行くことはできない場所ですが、坂を下ったところにあるコーヒーショップやストア(食堂でも使っている有機野菜が購入できます。またその他オーガニックのお菓子や食品も。この日はカブトムシまでいました~)器やさん等は家族でも利用できそうです。


↑メインのプレートに乗っていたパンですが、益子のPANEMさんのパンとのこと。
オーナーは益子在住のイタリア人のパン職人さんです。

昔ながらの石窯で焼かれたパンで、香りが違う…
クラムも弾力が強いのにもっちりしすぎず軽さもありました。

坂の下のストアでも買うことができ、1つ購入しYさんと半分個に(サイズが大きいのです~)

e0166905_14301331.jpg


見た目はこんな感じです。
焼き色は薄めでクープはメリメリと言う感じではなく控えめ。



白生地のクラムで程よい気泡、美味しかったです。
この気泡、好きだな~(>_<)やっぱりお店のパンを買って食べるのはいい刺激になります。

e0166905_14465130.jpg


最後にパンも買えて美味しく楽しかった益子でのランチでした。
Yさん、またランチ行きましょうね~(*^-^*)




ここからは、先週焼いた私のパン(^-^;)

カンパ祭りも一応一段落したので、7月のレッスンの復習をと自家製酵母のパンドミを焼いてみました。

e0166905_1447717.jpg


配合、工程はレシピ通りで。
型は最近使っていたクオカのものを使ったのだけれど、レッスンで使用したものよりも容積が大きいみたい。

ホイロは32℃ 50分を目安に、長くても60分までとのことだったのですが、型の目安の部分まで50分では上がってこない(^-^;)
1次発酵はしっかりとれたと思うので、やっぱり容積の違いかな?と次は、ABCのときに使っていた小さめの1斤型を使ってみることに。


e0166905_1511255.jpg


型を小さいものに変えて。
予想通り、50分で目安まで上がってきました。
型ものってやっぱりレシピと容量が同じくらいの型を使うことって大事ですね。
それだけで、失敗がぐっと減るような気がします。
同じ生地量だけれど、横幅が小さくなった分高さが高くなりますね。

でも今回は、生地の伸びが前後で交互になるという変な感じに(-_-;)
よく考えてみたら、巻き終わりが外に向くように型入れすると、俵型に成形するときの重ねの上になった部分が左右逆向きに入ることに気がついた…

それで、重ねの向きに合う感じで伸びが違うのかも。

次は重ねを左右逆にして(型入れしたときに、重ねの向きが同じになるように)やってみることにしました。
また、成形方法もちょっと変えて試してみたので、それはまた次にアップします(^-^)




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
クリック励みになっています。いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2010-08-09 15:11 | お出かけ

薬膳のお教室

先週の日曜に、雅子先生のレッスンでご一緒させていただいた方の薬膳のお教室に参加してきました。

会の名前は「ゆる薬膳ごはんの会」。
以前パンのレッスンのときにお話しを聞いて、薬膳の考え方に興味がわき、もう少し詳しく知りたいな~と思っていたところ、主催者のtamakiさんも難しく考えずにゆるく楽しくごはんを作りましょう!と言ってくださったので、薬膳の知識が全くない私も気負わず参加することができました。

e0166905_1640587.jpg


今回は「夏の部」で、メニューは

・焼野菜のナムル
・とうもろこし、枝豆、桜えびのポックム
・ピータン豆腐
・参鶏湯
・緑豆プリン

今回は韓国料理ベースの5品でした。

使用したお野菜は築地御厨さんのお野菜とのこと。
他の参加者の方はみなさんご存じのようだったのですが、恥ずかしながら私は知らなくて(^-^;)
レストラン中心に無農薬無肥料のお野菜を卸している青果店です。

ルッコラの野生種のセルバティカもありお料理する前に生でいただきましたが、辛みと香りがはっきりしていて本当に美味しい。
そのほかのお野菜もとても美味しかったです。

野菜って肥料をあげなくてもこんなに元気に美味しく育つのね…


薬膳のポイントを料理ごとに話してくださったのですが、やっぱり食べ物と体って密接なつながりがあるんだと実感しました。
漢方や中医学ってあまり普段の生活になじみがなく、まして以前の仕事だった病院での仕事は西洋医学だし、「信用性はどうなの?」「なんか専門的で難しい」などど思っていた私。
けれど、お話を聞いて日々の食べるものにちょっと中医学の考えをプラスすることはできるし、西洋医学よりも普段の生活に取り入れやすいなと思いました。

しかも必要な材料は、殆どその季節の旬のもの。
旬のものは栄養があり美味しい、旬のものを食べることが体にとって一番いいことな理由がよく分かって興味深いです。

無農薬の地元の野菜を取り寄せるようになってから、野菜は旬のものを取ろう(というか、次が来るまでに食べきるのが精一杯…)と思って買い足すときもなるべく季節のものを…と思っているのですが、そうすると食材が限られてくるので、作れる料理も決まってきます。
もっと料理のレパートリーがあれば、季節のものを美味しくべられるのですが…(^-^;)

同じパンばかり作って「祭り」していないで、料理の勉強もしないとダメですね(T-T)
なかなか1人では新しい料理を覚えよう!という気が起こらないので、こうやってお料理の教室に行くのはとても刺激になり、やる気もアップします!!

9月に秋の部も開催するとのことなので、またぜひ参加させていただきたいと思っています。

夏の部の様子はtamakiさんのブログに詳しくアップされています→コチラです。
楽しく勉強になるレッスンをありがとうございました(^-^)





今日はパンネタではないですが…
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
クリック励みになっています。いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2010-08-01 17:39 | お出かけ

北海道旅行~パン焼き~

美味しいものをいっぱい食べるべく向かった北海道でしたが、もう1つ重大な目的が…

それは、ブログで仲良くしていただいているKonoka and event of surfing のakkoさんと一緒にパンを焼くこと!!

かなりギリギリな旅行計画でも快く迎えてくれたakkoさん一家に心から感謝!です(>_<)


事前に何を焼こうかいろいろ打ち合わせしていたのだけれど、結局あれもこれもと、山食、クロワッサン、バゲット(こちら3つはakkoさんの自家製酵母で)、クッペといろいろ焼かせてもらいました。

e0166905_20284447.jpg
e0166905_2029218.jpg



リズミカルに手捏ねをするakkoさん。ピンクのエプロンが似合ってるー!!
このあと、叩きもいれて捏ねあがり。
思ったより捏ね時間が短く、長く捏ねればよいってものじゃないと実感(乾燥してしまうしね)


e0166905_20312951.jpg



成形も指導いただく(>_<)
この後、山食の重ねはどうするか、巻きのキツさは?
とじめは閉じるのか、肩入れの向きや俵の幅はどうするかなど、マニアックなネタで盛り上がる(^-^;)

山食のホイロと焼きは(夜にかかってしまいそうだったので)akkoさんにお願いしました。
焼きあがりの写真はakkoさんが載せてくれています。



山食の1次発酵をとっている間に、バゲットの成形などを。

前日にバゲットとクロワッサンの記事を仕込んでいただいていたので、2人それぞれいつも行っている方法で成形を行う。
それぞれ方法も違うし、生地の触り方や締め具合なども違うので、とても面白い&勉強になりました。

焼成はakkoさんのやり方で行ってもらい、焼きあがりはコチラ。


e0166905_21213072.jpg



ホイロは、私の方が折り込みが少なく、締めも甘かったので私の分に合わせていただいた。
オーブンの位置もいいところに置かせてもらってVIP待遇!(>_<)


私もいつも通り成形・ホイロを行ったのですが、うちで焼くのとクープの感じが違っていて、オーブンの違いってあるものだな(配合、生地の違いもあると思うけれど)と思いました。



バゲットと同時進行でクロワッサンの折り込みも行う(もう、時間差勝負で結構ハード 笑)
akkoさんの仕込んでおいてくれた生地は、ベタつかないしよく伸びるしでとても扱いやすい!!

一応この日のために(例の徹夜でクロワッサン)練習はしていったのだけれど、室温25℃の中、バター漏れせず折り込み出来てホッとしました(^-^;)


e0166905_2141259.jpg


成形の方法はakkoさんの方法で2人で黙々と巻いていく…

ホイロは25℃3時間弱のと5時間の2種類。
5時間のものはタイムオーバーでakkoさんにお願いしたのだけれど、2つを比べると5時間ホイロの方が内層がよかったもよう(内層の写真はakkoさんが撮ってくれています

成形は一度に2人で行ったから、違う点といえばホイロのみなんだけれど、やっぱり中もボリュームも違ってくるのが面白い。

そして、akkoさんの成形はきれいだった~!!
シュッとした形のをささっと作っていて、私も技を盗みつつ巻きました(^-^;)


最後は、バゲットの後に、「もっと仕込んでおけばよかったね」と話して、急遽仕込んだイーストクッペ。
自分のレシピノートを持って行っていたので、そこからの配合で。
最後までいつも通りの工程で行ってみました。


e0166905_21495786.jpg


焼きあがりはこんな感じ。
エッジはどこ?!な感じも、一応開いてくれてよかった(T-T)
やっぱりうちのオーブンで焼くのとは違う焼きあがりになるので(よ~く見てると、オーブンの中でのクープの開く感じも違う)きれいに開いたクープにはもちろん生地作りが一番なのだけれど、オーブンやスチームの具合もやっぱり関係しているのねと実感しました。




北海道初日の夜に家族で伺ったのですが、akkoさんを始めS氏、konokaちゃん、hiromuくんも温かく迎え入れてくれて、うちの娘とkonokaちゃんとhiromuくんは気づけば3人で遊んでる。
子供ってやっぱりスゴイ(^-^;)

北海道の美味しいお店もakkoさんとS氏に教えていただいて、とっても美味しいものを食べることができました。
言ってみれば、akkoさんプロデュースの旅(笑)


今回は家族で本当にお世話になりました(>_<)




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-06-13 22:24 | お出かけ

北海道旅行~札幌~

5月末から6月の初めにかけて北海道に行ってきました。
北海道は私も旦那さんも好きな場所で、1週間くらいのお休みをもらえると「行こうか?」となります(^-^)

休みはいつもらえるかわからないので、いつも突然決まる旅行ですが、今回は旦那さんの知り合いや私の知り合いに事前にお店を(もちろん、食べもの屋!!)聞いていたので、かなりギリギリに決めた日程でしたが、周りたいところに行くことが出来ました。



e0166905_1314639.jpg


今回は札幌、登別、函館を周る旅だったのですが、初日にまず行ったのは、Atelier Morihiko.

数年前雑誌で知ったのですが、コーヒー好きな私はぜひ行ってみたくて、一昨年初めて行くことが出来ました。
お豆は東京の雑貨屋さんでも買えたりするのですが、インテリアを楽しみ美味しいコーヒーを淹れてもらってゆっくり過ごせるのは実店舗ならではですよね。

今回も迷わず行ってきました(^-^;)

e0166905_1375115.jpg


札幌に着いた初日だったので、着いたのは夕方に。
お客さんも時間の割には入っていました。

前回はコーヒーのみだったので、今回は夕飯前だったけれど、スイーツも一緒に注文!
コーヒーは、やっぱり自分で淹れるのとは違い、美味しい。
濃いけれど苦くない。ミルクを入れなくても美味しく飲めます。私もこんな風に淹れられるようになりたいです。

スイーツはオランジュ(チョコムースの真ん中にオレンジのムースが入っている)とチーズケーキ(ベイクドチーズケーキだったのだけれど、名前を忘れちゃいました…)
オランジュはチョコとオレンジのムースの色の対比がきれいで、しかも濃厚だけれど味甘すぎず、舌触りがなめらか。
一人で美味しいを連発してしまいました(笑)

もうひとつのチーズケーキは、見た目大きめなのでボリュームがある食べ応えと思いきや、スフレタイプのようで(スフレよりも食感がしっかりしています)口どけがよく、さっぱり。
でも、チーズの味はしっかり感じられるので、こちらも美味しいを連発。

お店のスタッフの方に「お味はどうでしたか~?」と笑顔で聞かれてちょっと恥ずかしかったです…(^-^;)

お話をした勢いで、店内の写真を撮らせていただいてもよいかとお願いしてみたのですが、快く了承していただいて何枚か写真を取らせていただきました。
今となっては、ケーキの写真も撮っておけばよかったかなと思うのですが、人前でしかもお店の中で写真を撮ることなんてしたことがない私は、結構恥ずかしく、ドキドキしながら撮りました(笑)

e0166905_1328998.jpg


日が暮れてくると、キャンドルに火が灯されます。
赤い光がガラスに映ってゆらゆらして綺麗でした。

家用にNo.3の豆(前回も買って帰りました)を購入。
浅モカという名前ですが、酸っぱくなく飲みやすいです。
以前はモカなどの酸味のあるコーヒーはダメでどちらかというと酸味が少なく苦みのあるものをよく飲んでいたのですが、美味しいモカに出会ってからは酸味もちょっとある方が美味しいと思うようになりました。



この日は、他にお昼にスープカレーを食べたり(初めてでした。でも、ルーカレーよりもスパイシーで塩辛くなく、とても好み!)大通り公園のテレビ塔に登ったりして過ごしました。

塔系(神戸のポートタワーや東京タワーも喜びます)が好きな娘はとても喜びました。
私がよく写真を撮るのを見ているせいか、「カメラ貸して!」と横取りされ(デジイチなので本当は使って欲しくないのですが…)私たち夫婦の写真と撮ってくれたり、景色を撮ったりして楽しんでいました。


もうひとつ、楽しみにしていたのは、Morihikoのお隣にある洋服と雑貨のお店のcholon
代官山にもお店があるのですが、こちらにはまだ行ったことがなく…(^-^;)

色や柄はシンプルで定番のものが多いけれど、使いやすく、でも普通すぎない感じが好きです。
前回行った時もワンピース2着とニットを買いましたが、出番が多かったです(^-^)

今回はちょっと色ものが欲しかったので、こちらを。

e0166905_1350164.jpg


リネンのカーディガンで色ははっきりしたピンク。
普段はあまり色ものを買わないのだけれど、たま~にこういった色(紫やグリーンとかも好き)を着てみたくなります。

今の時期だったら、半袖やノースリーブの上に羽織るのにちょうど良さそうです。


こちらのお店は雑貨のセレクトも好みのものがたくさんあって、見ているだけでも楽しいです♪

e0166905_13553187.jpg


リサイクルの布を引き裂いたものを使ったマット。インド製のものです。
こういったマットは原色の布を使ったものはよく見かけますが、こういった優しい色合いのものは初めて見ました。

1枚1枚使われている布によって色の感じが違っているので、数枚のうちから好きな色を選んできました。
どれもかわいかったのでかなり悩みましたが(こういうときとても悩むタイプです 笑)青みの入ったグリーンが好きなので、こちらのマットにしました。

ところどころに入っているグリーンの布が目を惹きます。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-06-09 14:04 | お出かけ

念願叶って高崎へ!!

以前からずっと高崎に行きたくて、今回旦那さんにお願いして連れて行ってもらうことが出来ました(^-^)

ずっと行きたかったわけは…


e0166905_12393458.jpg



SABIです、SABIに行ってみたかったのです(>_<)
以前からブログのチェックしていたのですが、いつも素敵なセレクトで、お洋服やバッグ、器や生活用具までバラエティに富む品揃えに、いつか絶対に行きたいと思っていたお店でした。

かなりの期待をしていったのですが、期待を裏切らない外観にテンションが上がります(笑)

古いビルの1階を改装して作られた広々とした店内に、さりげなく商品が置かれています。
雰囲気も品揃えもかなりツボで、いいなと思うものがたくさんでした。


と言っても、全てを買えるワケではないので(笑)悩みに悩んだ挙句、今回の戦利品はコチラ。


e0166905_1247113.jpg


日本の古いものという、茶托。
欲しいものがたくさんあった時に、他でも見つけられるか?いつでも買えるか?本当に必要かどうか?が判断材料になります。
お茶関係のものとすり鉢関係のものを買う予定だったので、他にも日傘やサイザルバッグ、イリンガバスケットなど欲しいものがあったのですが、今回は我慢。
湯呑は気に入ったものがあったのですが、個数が揃わなかったので断念。茶托は古いものなので、同じものは手に入らないということで、これをお買い上げ。

湯呑は、郡司さんのもので茶托にぴったりなものがあったので、ゆっくり探してみます。


e0166905_12533470.jpg


すり鉢とすりこぎ。
すり鉢は益子に行ったとき、原さんのテントで購入したものです。

すりこぎはSABIで。山椒の木のものです。
とろろをすって玄米ご飯にかけていただきましたが、いつもより(おろし器)ふわっとしてなめらかでした。


e0166905_13131256.jpg


こちらは、すり鉢のお掃除用にと買いました。

高崎の帰りがけに寄ったklartで。
北欧の家具や生活雑貨を置いているお店です。

↑これはなんという名前かわからないのですが、竹製のささらと一緒の用途でいいのかな?と(^-^;)
とろろはお掃除はそれほど大変でないですが、ゴマなんかをあたったときに良さそうです。



うちから高崎までは少し南下して西に移動、と言った感じなのですが、北関東自動車道が東北道と繋がればもっと行きやすくなりますね。
旦那さんも、また行こうねと言ってくれたので、次回も楽しみにしています。


行きがけに寄った、あしかがフラワーパーク。

e0166905_13232220.jpg


藤の花を見てきました。
大藤は気温が低い時期があって三分咲きと残念でしたが、↑のように綺麗に咲いている木もあり、つつじも満開で楽しめました。

e0166905_1325884.jpg

e0166905_13251851.jpg




うちの子は藤の花よりチューリップやたんぽぽ、マリーゴールドといった花々がお気に入りのようでしたが、久々に植物に囲まれて気持ちがよかったです。



またまたパンネタではないのですが…
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-05-06 13:33 | お出かけ

益子陶器市へ

例年はGWはどこかに旦那さんの仕事が入り、おうちでのんびり…ということが多いのだけれど、今年は仕事が午前中だけだったので、いつもよりバタバタしたGWになりました(^-^;)

1、2日に義両親が遊びに来て1泊していったので、ちょうど益子陶器市の時期ということもあり、皆で益子へ行ってきました。


益子はうちから車で1時間ほどで行けるので、陶器市は何回も行っていたのですが、ここのところご無沙汰していて、私もとても楽しみでした♪

e0166905_11271577.jpg


e0166905_11272974.jpg


気温も高く(暑いくらい!)いいお天気だったので、以前来たときよりもずっと人が多く感じました。


いつもとりあえず、城内坂の近くの駐車場に車を入れ(入れるのにも並びます…泣)ここからぶらぶら回るのですが、最近はのぞく場所も決まってきているので目的の場所まで一目散です(笑)

(↑でも今回は益子が初めての義両親も一緒だったので、両親のペースにちゃんと合わせましたよ~)


常設の店舗は行こうと思ったらいつでも来れるので、テント中心に回ります。

↑の写真は路地裏テント。以前行ったときに織部釉の5寸皿を買いました。
郡司庸久さんのテントもありました。


e0166905_12293144.jpg


こちらはかまぐれの丘
3会場に分かれ、作家さんのテントがずらりと並んでいます。
数年前、駅で陶器市をやっているときに、井上塁さんの急須に一目ぼれして購入してから、必ずこちらものぞいています。
急須に合う湯呑を買いたいなと思ったのですが、もう4日めということもあり見つけられず…(T-T)

陶器で出来たリンゴや洋梨、バナナのオブジェも作られているのですが、本物そっくりな形に陶器のマットな質感と色が素敵でした。


かまぐれの丘には竹ブランコがあり、娘ももれなく遊んで帰りました。
うちの娘、恥ずかしがり屋のせいか、他の子供が遊んでいると遊びたくてもなかなか行けずに、ずっとそばで空くのを待っています(^-^;)

念願叶って乗れたムスメ。↓

e0166905_1231783.jpg


パンツ見えてますよ~



e0166905_1234022.jpg



こちらは、かまぐれの丘の原泰弘さんのテント。

原さんのすり鉢、以前から気になっていて、欲しいな~と思っていたのですが、実際に手に取ってみる機会がなく…
下調べナシに出かけたので、まさかここで出会えるとは思いませんでした(←盛岡のときもそんなことを言っていた気が… 笑)
やっぱり作家さんのものは1点1点サイズや色みが違うので、実際に見て選びたいですよね。

サイズや種類も豊富にあり、白いものが欲しかったので、在庫を数点出してもらって好きな色のものを(同じ商品でも、色の出方が全然違うんです。大きな窯なので、窯内での置き場所によって変わってくるそうです)買うことが出来ました(^-^)



あとは、じゃりん小路、G+OOにも寄って帰りました。
4月末に本屋で本を大人買い(笑)したのですが、そのときに「暮らしの器」に益子特集が載っていました。

e0166905_1214214.jpg


この本にG+OOも載っていたので、いつにも増して店内は混み混みで、子連れには大変(^-^;)
こちらのキッチンのディスプレイにはいつもいいな~と思います。あぁ、広いキッチンが欲しい…(>_<)


メインの通りから少し離れたところにあるお店も載っていて、今回は時間がなく行けなかったのですが、
starnet」や「manufact jam」にも行ってみたい。


GWは高崎にも行ってきたので、戦利品の写真とともに、次の記事に書きます…






今回もパン作りでないけれど…
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-05-06 12:32 | お出かけ

盛岡へ…

先週末は、旦那さんの仕事にくっついて盛岡に行ってきました。

旦那さんが仕事をしている日中は必然的に娘と2人になるので、どう時間を潰そうか…といつも悩みます。

あまり下調べをしないで行ったので、新幹線の中で「ことりっぷ」片手に予定を立てましたが、盛岡城跡を中心に歴史のある町なので、大人が楽しむには時間が足りないくらいお散歩にはもってこいの町!

だけれど、子供にはまだちょっと早いかな、あまり娘が楽しめる場所はなく…(T-T)
あいにくお天気がすぐれず、降ったりやんだりだったので、1日目は駅ビルの中をゆっくりまわり、お土産や食べもの屋さんをみて過ごしました。


1か所だけ、どうしても行ってみたい通りがあったので、娘に付き合ってもらい(笑)行ってみました。

宮沢賢治の「注文の多い料理店」の出版元である『光原社』のある通り、『いーはとーぶアベニュー材木町』

北上川沿いにあるレトロな商店街の通りです。


宮沢賢治のモニュメントがあり、娘も興味深々。

e0166905_1328970.jpg


やたらと触る娘。
「どうしてこのおじさんここにいるの?」「どうしてお金置いてあるの?」←お賽銭のような小銭が置いてあったのです。

などと、質問攻め(^-^;)
娘に宮沢賢治のことを説明するのは大変そうだったので、
「このおじさんは今は死んじゃっているけれど、生きているときいいお話をたくさん作ったすごい人だから、石にしてもらったんだよ。すごいことをしないとこうして石にしてもらえないんだよ~」と
言っておきました…
子供に分かりやすく正しいことを伝えるのって難しいですね、もう少し大きくなって童話が読めるようになったらもう1回ちゃんと話してあげようと思います。

光原社はガイドブックで見た中庭(?)も素敵でしたが外観も素敵。

e0166905_13373317.jpg
e0166905_13374125.jpg





あまりいい写真が撮れなかったのですが、

e0166905_1339041.jpg


e0166905_13391221.jpg



古い井戸があって、中を覗くと底が下~の方に!
落ちたら大変だな、怖いな~と足がゾクゾクしてしまう私でしたが、娘は水の溜っている井戸を見るのは初めてで、面白がっていつまでも見ていました(^-^)


建物の雰囲気や外観を見るのも楽しみにしていたのですが、一番のお目当ては扱っている雑貨類。

1階は陶器やガラス製品などがメインで、2階は小さめのキリムやキリムクッション、その他アフリカの民芸品や国内縫製のリネンの服など面白いものがいっぱいでした(^-^)



最近アジアやアフリカのかごやインテリア小物が気になっていたので、いろいろと目移りしましたが、そこで見つけたのは、なんと、安藤雅信さんの器。

雑誌やネットショップで見ていいなぁと思っていたものの、いつも売り切れていたのと、実際に見る機会に恵まれず今に至っていたのでした。
こちらで見かけるとは思ってなかったので、一気にテンションが上がる!(>_<)


お店の方は、「数が少なくなって、今はこれだけしかなくなってしまって…」と申し訳なさそうに話されていたのですが、イタリアシリーズの白い器とピューターのお皿が合わせて10枚くらいはありました。
サイズ選びに、お皿を何回も手にしては長考(笑)


結局23㎝のMサイズのものを購入しました。

e0166905_145854.jpg


奥に移っているのは、先日浅草に行ったときに買った、「itonowa」オリジナルのイイホシユミコさんのお皿。

itonowaは名前だけは知っていたのですが、パン繋がりのお友達に連れて行ってもらって実際行ってみたら、1回ですっかり好きになりました。オーナーの人柄にも惹かれます。

お友達が頼んでいた玄米プレートに使われていたお皿なのですが、大きさといいリムの深さといいマットな色みといい、一目惚れして(でもその日は買わず、実際にうちで使い勝手がよいか考えました)2枚買ってみました。

昨日、初めて夕食時に使ってみたのですが(ごはんも乗せるワンプレートとしてではなく、一人分のおかずを数種類盛りました)旦那さんも洗いものが少なくてイイね~♪と気に入って(笑)活躍するお皿になりそうです。



もう1つ光原社で買ったのは、かごバッグ。

e0166905_14154764.jpg


ケニアで作られたサイザルバッグです。
サイザルバッグは1つ持っていて好きなので、雑貨屋さんではチェックしているのですが、皮の持ち手で留め具が付いているのは初めてで、ちょっと大きめのサイズも気に入りました。

色もネイビーに白の織りで大人っぽく使えそうです。



こちらは少し前に、千駄ヶ谷のSHIZENで買ったもの。

e0166905_1421276.jpg


小川佳子さんの染付豆皿箸置という名前のもの。
豆皿箸置という名前通り、どちらにも使える大きさです。佃煮や梅干し、お漬物をちょっと乗せたらいいだろうなと思い買いました。


以前買った飯椀もそうなのだけれど、私、青い染付の器が好きみたいです。
器は基本無地で白系なのだけれど、柄のあるものなら和洋問わず青のものを買ってしまう。
↑そして身につけるものも青系を選んでしまう(笑)
青にもいろいろあるけれども、ネイビーと白の組み合わせが好きです。

娘の青好きも私の影響なのかな~


安藤さんの器はアンティークの洋食器と一緒に並べても違和感がないですよね。

買いものをすると、実は選んだものどれにも好きなテイストが繋がっていたりします。
これを意識的に実感できると、もっとお買い物が上手になるんだろうな。



今日はパン作りでないけれど…
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-04-28 14:35 | お出かけ