bread&deco

<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

クロワッサン

久々(3ヵ月ちょっとぶり)にクロワッサン(イースト使用)を焼く。
で、案の定いまいちなモノが出来上がる…(T-T)

e0166905_104551.jpg



前回1月に焼いていたときは、レッスンで習った直後だったので、レシピのメモや自分のノートに書かなくても覚えていることが多かったせいか、あれだけ悩みつつ焼いたのにいざ今回焼こうと思ったら、結構詳しいことが書いてなくて焦りました(^-^;)

最終的にカットする三角形の大きさ(○×○㎝とか)や、何㎝まで伸ばしたら内層などがよかったのかが全く書いてないっ!!


ハマって作っているときは当たり前すぎて書かなかったものも、後から見て作るときは大事な情報だったりするので、次からはもっと丁寧に記録を残そう…と思いました(-_-;)



なので、前回好みの形に成形するために結構考えたと思うのだけれど、まったくもって忘れていたので、適当にな大きさにカットしたら、美しくないクロワッサンに仕上がりました…(T-T)


これじゃあ、ハマって焼いた意味がないなぁ。


今回作ってみて、もっと底辺を大きくしてカットするのと、カットしてから引っ張って伸ばす加減を思いだしたので、バターもまだたくさんあるし(冷凍庫になぜか450g×3個ある。買いすぎ! 笑)リベンジします。


内層は…

e0166905_10545891.jpg


こんな感じ。
中心部の空洞や、ダンゴにはならずに出来た。
クラストは厚めでざっくりしているのですが、軽めな食感。

折り込みバターは粉の60%、粉は前回までははるブレとみのりの丘のブレンドでしたが、今回はリスドォルを使いました。
折り込み時、バターが漏れたりはなかったけれど、今までより生地がベタつき麺棒にくっつく!
でも、しなやかで伸びはよかった。
室温は21℃だったので前回までとほぼ変わらないので、粉の違いもあるのかな。


味は、前回のときと比べるとあっさりめで、甘味ははるブレ&みのりの丘のときの方があったかな。
発酵バターを使ってもくどくなくおいしかったです。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-04-30 11:07 | パン

盛岡へ…

先週末は、旦那さんの仕事にくっついて盛岡に行ってきました。

旦那さんが仕事をしている日中は必然的に娘と2人になるので、どう時間を潰そうか…といつも悩みます。

あまり下調べをしないで行ったので、新幹線の中で「ことりっぷ」片手に予定を立てましたが、盛岡城跡を中心に歴史のある町なので、大人が楽しむには時間が足りないくらいお散歩にはもってこいの町!

だけれど、子供にはまだちょっと早いかな、あまり娘が楽しめる場所はなく…(T-T)
あいにくお天気がすぐれず、降ったりやんだりだったので、1日目は駅ビルの中をゆっくりまわり、お土産や食べもの屋さんをみて過ごしました。


1か所だけ、どうしても行ってみたい通りがあったので、娘に付き合ってもらい(笑)行ってみました。

宮沢賢治の「注文の多い料理店」の出版元である『光原社』のある通り、『いーはとーぶアベニュー材木町』

北上川沿いにあるレトロな商店街の通りです。


宮沢賢治のモニュメントがあり、娘も興味深々。

e0166905_1328970.jpg


やたらと触る娘。
「どうしてこのおじさんここにいるの?」「どうしてお金置いてあるの?」←お賽銭のような小銭が置いてあったのです。

などと、質問攻め(^-^;)
娘に宮沢賢治のことを説明するのは大変そうだったので、
「このおじさんは今は死んじゃっているけれど、生きているときいいお話をたくさん作ったすごい人だから、石にしてもらったんだよ。すごいことをしないとこうして石にしてもらえないんだよ~」と
言っておきました…
子供に分かりやすく正しいことを伝えるのって難しいですね、もう少し大きくなって童話が読めるようになったらもう1回ちゃんと話してあげようと思います。

光原社はガイドブックで見た中庭(?)も素敵でしたが外観も素敵。

e0166905_13373317.jpg
e0166905_13374125.jpg





あまりいい写真が撮れなかったのですが、

e0166905_1339041.jpg


e0166905_13391221.jpg



古い井戸があって、中を覗くと底が下~の方に!
落ちたら大変だな、怖いな~と足がゾクゾクしてしまう私でしたが、娘は水の溜っている井戸を見るのは初めてで、面白がっていつまでも見ていました(^-^)


建物の雰囲気や外観を見るのも楽しみにしていたのですが、一番のお目当ては扱っている雑貨類。

1階は陶器やガラス製品などがメインで、2階は小さめのキリムやキリムクッション、その他アフリカの民芸品や国内縫製のリネンの服など面白いものがいっぱいでした(^-^)



最近アジアやアフリカのかごやインテリア小物が気になっていたので、いろいろと目移りしましたが、そこで見つけたのは、なんと、安藤雅信さんの器。

雑誌やネットショップで見ていいなぁと思っていたものの、いつも売り切れていたのと、実際に見る機会に恵まれず今に至っていたのでした。
こちらで見かけるとは思ってなかったので、一気にテンションが上がる!(>_<)


お店の方は、「数が少なくなって、今はこれだけしかなくなってしまって…」と申し訳なさそうに話されていたのですが、イタリアシリーズの白い器とピューターのお皿が合わせて10枚くらいはありました。
サイズ選びに、お皿を何回も手にしては長考(笑)


結局23㎝のMサイズのものを購入しました。

e0166905_145854.jpg


奥に移っているのは、先日浅草に行ったときに買った、「itonowa」オリジナルのイイホシユミコさんのお皿。

itonowaは名前だけは知っていたのですが、パン繋がりのお友達に連れて行ってもらって実際行ってみたら、1回ですっかり好きになりました。オーナーの人柄にも惹かれます。

お友達が頼んでいた玄米プレートに使われていたお皿なのですが、大きさといいリムの深さといいマットな色みといい、一目惚れして(でもその日は買わず、実際にうちで使い勝手がよいか考えました)2枚買ってみました。

昨日、初めて夕食時に使ってみたのですが(ごはんも乗せるワンプレートとしてではなく、一人分のおかずを数種類盛りました)旦那さんも洗いものが少なくてイイね~♪と気に入って(笑)活躍するお皿になりそうです。



もう1つ光原社で買ったのは、かごバッグ。

e0166905_14154764.jpg


ケニアで作られたサイザルバッグです。
サイザルバッグは1つ持っていて好きなので、雑貨屋さんではチェックしているのですが、皮の持ち手で留め具が付いているのは初めてで、ちょっと大きめのサイズも気に入りました。

色もネイビーに白の織りで大人っぽく使えそうです。



こちらは少し前に、千駄ヶ谷のSHIZENで買ったもの。

e0166905_1421276.jpg


小川佳子さんの染付豆皿箸置という名前のもの。
豆皿箸置という名前通り、どちらにも使える大きさです。佃煮や梅干し、お漬物をちょっと乗せたらいいだろうなと思い買いました。


以前買った飯椀もそうなのだけれど、私、青い染付の器が好きみたいです。
器は基本無地で白系なのだけれど、柄のあるものなら和洋問わず青のものを買ってしまう。
↑そして身につけるものも青系を選んでしまう(笑)
青にもいろいろあるけれども、ネイビーと白の組み合わせが好きです。

娘の青好きも私の影響なのかな~


安藤さんの器はアンティークの洋食器と一緒に並べても違和感がないですよね。

買いものをすると、実は選んだものどれにも好きなテイストが繋がっていたりします。
これを意識的に実感できると、もっとお買い物が上手になるんだろうな。



今日はパン作りでないけれど…
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-04-28 14:35 | お出かけ

いつもコメントありがとうございます

コメントを残して下さった方、見に来てくださった方、いつもありがとうございます(*^-^*)

今日の夜から数日家を空けることになりまして、申しわけないのですが、
お返事を25日の日曜にさせて頂きたいと思っています。

すぐお返事出来なくてすみません…(;-;)


皆さまのところへもなかなか伺えずに申しわけないです(T-T)
[PR]
by ajisai-antique | 2010-04-22 17:46

いちご酵母ワッフル

e0166905_0253229.jpg


いちご酵母のエキスを使い、ワッフルを作ってみました。

みなさんが美味しそうなワッフルを焼いているのを見て自分でも作りたいな~とずっと思っていたのですが、やっと眠っていたワッフルメーカーを起こしました(^-^;)

レシピはいちごの香りをいかしたワッフルが作りたかったので、エキスをそのまま使うものがいいなと思い、ホシノ酵母のワッフルのレシピを参考にして作りました。

発酵は19~20℃で7時間くらい置き、そのあと22~25℃で(なかなか上がってこなかったので少し温度を上げた)3時間。

e0166905_085034.jpg


表面にこのくらい気泡ができるまで発酵をとってみました。

材料を混ぜ合わせた直後はゆるゆるの生地でしたが、発酵後は粘りも出てきてゴムべらですくってぽてっと落ちる感じ。


肝心のお味は、もっともっちりしているかと思ったら、意外と軽く(発酵をしっかりとったことになるのかな?)でもしっとり、表面サクサクで病みつきになる美味しさでした(>_<)
いちごの香りのもほんのりわかります。
こんなにおいしいんだったら、もっと早くに作ればよかった~と(^-^;)

娘も異常な食いつきを見せ、4、5枚は食べました。
甘味は少なめの配合なので、ジャムやはちみつをかけても合うと思います。

今回は先日作ったいちごジャム(緩すぎて失敗)を添えてみました。
こういった使い方をするなら多少緩くても大丈夫そう(^-^;)
いちごジャムは近いうちリベンジしたいです。

ワッフルはこの後もう1回作りました。
同じく発酵は10時間くらい。でも、同じ10時間でも発酵具合がちょっと違った。なので、食感も少し違う。

やっぱり発酵菓子、発酵具合が要なんですね。


次は、もっと甘味のしっかりあるリエージュ風のものを作ってみようかな。





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-04-21 00:25 | お菓子

最近焼いたもの…

雅子先生のレッスン、イーストを卒業して、新しく4月から自家製酵母のクラスに入りました。

e0166905_23302630.jpg


自家製酵母を始めたとき、初めに買ったのが先生の本で、元種も本通りに作り、それからいろいろ試行錯誤して今に至っていますが、ようやく自家製酵母のレッスンに参加できたので、今年はより自家製酵母に気合いをいれて頑張らねば!と鼻息荒い私です(^-^;)

トップの写真は、お持ち帰りの生地で焼いたリュスティック。
先生はこの生地は厳密に言うとリュスティックじゃなく(加水低めなので)プチパンだよ(笑)とおっしゃっていたのですが、生地の甘味がしっかり感じられて、少しもっちりな食感がおいしい。

初回のレッスンなので、蒸気焼成はせず、クープにはバターを乗せて焼く方法でした。
クープにバター。
何となく今までやってはいけないような気がして(笑)やったことはなかったのだけれど、これはやっぱり確実に開きますね(^-^;)
焼成後もほんのりバターの香りがして、これはこれでいいのかもと。
レッスンの復習なので、レッスンでやった通りに作ってみましたが、ホイロ後もダレずにとてもクープが入れやすかったので、いつも通りスチームを入れて焼いても開きそうな感じでした。

次は油脂なしでやってみよう。 ←でも、結局こうなる(笑)



次は、今まで使っていたレーズン酵母で焼いたカンパーニュ。

e0166905_23443821.jpg


配合等は特に変える点もなくいつも通りだったのだけれど、元種の状態が悪かったのかいつもよりベタつきコシのない生地に。
焼き上がりもクープの開いた面積はいつもより大きいのだけれど、底の立ちあがりがなくべたっとしちゃってます。

e0166905_23525810.jpg


ちょっと平べったい感じはあるも、クラムは好きな感じでした。
カンパも、最近結構作ったと思うのだけれど、安定しないです(T-T)




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-04-20 23:55 | パン

ネーブルオレンジのジャム

これもちょっと前に作ったもの。

e0166905_0195012.jpg


私、ジャム作りが苦手で(いちごで2回失敗してます…)家族もあまりジャムをつけてパンを食べないこともあり今までほとんど作ったことがなかったのですが、いちご酵母でふたごパンを作ってから「自家製いちごジャムをつけて食べたい!」欲求が高まり(笑)ちょっとやる気になっています(^-^;)


パンも焼かれて、ジャムもきれいに難なく作ってしまうsota-hanaさんに教えて頂いたミセスベリーのジャムノートも買って、まずはマーマレードから。

いろんな柑橘類でマーマレードが作れるようで、マーマレード作りだけでもかなり面白そう。
レシピ通り作ってみたのですが、1回目はやっぱり煮詰め具合に失敗し、↑はちょっと違うレシピでリベンジです。
皮の切り方も粗みじん程度のカットにしたり、スライスにしたり、レモンで酸味をアップさせたり、とろみを加減したり…
いろいろなアレンジがあってちょっとハマりそうです(^-^;)

瓶も12本くらいまとめ買い。
↑の瓶は80mlくらいの小さな瓶ですが、バランスがかわいくて気に入ってます。
差し上げても迷惑にならないくらいの大きさもイイ。

今回は和歌山産のネーブルを使いましたが、甘味が強かったので、結構レモン果汁を入れて酸味を加えました。(ネーブル2個に対してレモン2個分)ネーブルの重量の45%の砂糖を加えてちょっと緩めのジャムです。

今の時期いろいろな柑橘類が出ているから、それぞれどんな味になるのか、みかんを見るたびジャムのこと考えてます(笑)




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-04-15 00:42 | お菓子

いちご酵母山食

ちょっと体調を崩す前、↓の山の勢いで焼いたのがいちご酵母山食(前種法)

e0166905_2336489.jpg


今回のは結構窯伸びした!
こんなにぐわっと伸びたのはイーストでもないかも。

前回のいちご酵母山食と変えた点は、
 ・前種の発酵温度を後半高めにした(室温が低くなかなか上がってこないので冷温庫を使い25℃で上げた)
 ・1次発酵のパンチのタイミングと発酵倍率を少し変えた
 ・成形方法をいつものイースト山食と同じようにした(前回は生地のコシが強かったのでいつもより弱めに巻いた)
 ・ホイロは普通に取れた(前回は諸事情のため、ホイロ中に冷蔵庫に入れて時間稼ぎをした…)
 

こうやって冷静に書き出してみると、結構変えているな私…(T-T)
これじゃ、何が窯伸びに影響したのかわからない…!!

意図的に変えているところと、こちらの予定とは別に変えざるを得なかったところがあるのが、いえパンの難しいところですね。


クラム。

e0166905_23485272.jpg


上に伸びている感じだし、しっとりふんわりで食感的にも好みな感じでした。



こちらは、今日焼いたシンプルなイースト山食。

e0166905_23503513.jpg


春よ恋280gで↑のいちごのと同じ粉、粉量なのだけれど、イーストの方が伸びませんでした(>_<)
不思議だ、ちょっと前までは自家製酵母の山食はイースト山食(しかも伸びていないやつ)に勝てなかったのに…!

これのカットはまだしていないので、クラムの様子はわからないのだけれど、これでも以前よりはふんわりしてクラムの気泡膜が気にならないものが焼けるようにはなってきました。

あとは、1つ1つの工程の見直しをして地道に頑張るしかないかなぁ。
あぁ、山食って難しいです。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!


 
[PR]
by ajisai-antique | 2010-04-15 00:00 | パン

少し…

体調を崩してしまっていて、やっとこ活動できそうになりました。
コメントをして下さった皆さん、ほったらかしの間見に来てくださった皆さん、ありがとうございます(T-T)

お返事、順番にさせていただきたいと思っているので、もう少しお時間くださいね。


*kou*
[PR]
by ajisai-antique | 2010-04-13 13:46

グラハム山食 & いちご酵母で山食

久々の山食。
娘に「チーズトーストが食べたい!」と言われ、張り切って仕込む(>_<)

チーズと言えば胚芽パンがおいしそうと思ったのだけれど、胚芽をローストしなければならないことに気づき(ロースト、何℃で何分やったらよいのかわからなくって…)グラハム粉20%のグラハム山食(イースト使用)に。

e0166905_38018.jpg


割れの部分が少ないですが、私にしてはまあまあ伸びた方かと…!
クオカの国産のグラハム粉を使用したのですが、以前使った他のものよりも硬いツブツブがなく生地への馴染みもよく使いやすかったです。
とはいえ、グラハム粉でグルテンが分断されるので、いつもよりよく捏ねました(HBが)

翌日のスライス。

e0166905_2522988.jpg


穴があいてるけれど…(T-T)
よく捏ねたせいか(他の工程はいつも通り)クラムは、今までより膜が薄く、やわらかくふんわりしていました。
トーストしないで3日目までいけた、これは初めて。
やっぱりふんわり持続のポイントは捏ねなのか…??
すごく伸びたかと言えばそうでもないので、どこがよかったのかな~
グラハム粉の香りを活かすため、油脂はショートニング。
伸びなかったらどうしようとグラハム粉の割合を20%にしたのだけれど、もう少し増やさないと主張が足りなさそうでした。



いちご酵母山食。

ついに、自家製酵母で山食を解禁しました…
自家製酵母の山食と言えば、もっちりずっしりで窯伸びせずだったので、焼かずにいたのですが、ふんわり系のふたごパンでリハビリ出来たので(笑)勇気をだして取りかかってみました。

e0166905_382048.jpg


これも伸び悩んでいますが、今までのものより全然いい。
当たり前だけれど、自家製酵母でも捏ねれば伸びるのね。
HBを買ってからは、気軽に山食に取り組めるので、自家製酵母でも練習しよう~!

この山食も前種を使って焼きました。
ふたごパンのときと同じ前種(エキス100g : 粉100g)だけれど、粉を春よ恋に変えたので、吸水がよくなってふたごパンの時よりも硬めの種になりました。なので、上がりもいい。

加水と1次発酵の具合、パンチのタイミングに頭を悩ませてます…


クラム。

e0166905_315313.jpg


イースト山食よりしっとりもちっとしていますが、明らかに今まで作った自家製酵母山食よりふんわりしました。
ふたごパンよりふんわりしてクラムも軽め。

焼成後、いちごの香りはしますが、クラストの香ばしい香りに負けそうです(^-^;)
白パンの方が「いちご」な感じがよく出る気がしました。



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-04-10 03:22 | パン

いちご酵母 ふたごパン

e0166905_11125824.jpg



いちご酵母エキス : 粉(はるブレ)=1 : 1 で前種を作り、いちごの香りを生かしたパンを。

この、エキスを仕込み水の一部に使う方法はやったことがなくて、今回が初めて。
前種は2.5倍に発酵させて(というか、MAX2.5倍でこれ以上上がらなかった)捏ねはHBを使いました。

HBはこういうときに便利。
しっかり捏ねられるので、失敗したときに捏ねによるものを(捏ね不足とか)考えなくてよいのがいい(^-^;)

ふたごパンなので、成形時、丸めた後に中央に棒でくぼみをつけるのだけれど、生地の弾力が強く押してもすぐ戻ってしまう…
なんとかぐぐっと押しこみ、ホイロ後も一応ラインはあったのもの、焼成後は見事に消失!!!
あのかわいいふたごの形はどこへやら(T-T)

この形、意外と難しい~


作っている間ずっといちごのいい香りがしていて、焼成後も香りが残っています。
元種を使用するとこの香りは出なかったので、エキスならではですね(^-^)

自家製酵母でのふんわり系のパンは殆ど作ったことがなかったので、配合は適当に決めたのだけれどおいしく出来てよかった~
ちなみに、粉ははるブレ、加水は58%(内、水分の79%をエキスにしました、ほぼエキスということで)
砂糖を9%、油脂分は使いませんでした。
油脂がなくてもふんわりして、白パンで焼きを甘くしたので、もっちりしっとりな食感でした。

でも、少しもっちり感が強かったので、もう少し軽くしたいかな。


そしてリベンジ。

e0166905_1138135.jpg


もっちり感を少し減らしふんわり度(?)を上げるために、加水を少し増やし(61%)前回よりもよく捏ねて(HBが!)、ホイロもじっくりとってみた。
成形に関しては、前回のがふたごっぽかったかも(^-^;)
今回のは筋は全くなくなり、ただの丸パンに…(T-T)

発酵時間が長くなるので、加水はそれでも少なめだと思うのだけれど、全然ダレてこない生地だったので、思い切って水を増やしても大丈夫そうでした。

e0166905_1142379.jpge0166905_11421620.jpg











左、ホイロ前。右、ホイロ後。
一応筋は残っているのだけれど、焼成中に消えて、しかも底割れしてるのもあった。
難しいな~
もう、味は変わらないからただの丸パンにしてしまえばいいのだけれど、それではパン焼き精神にかかわる(笑)

e0166905_11465469.jpg




クラムもクラストもやわらかいので、2つにちぎると持ったところが潰れる。
自家製酵母でやわらかいパンもいいな。
そのままでも十分おいしいのだけれど、娘はいちごジャムをつけて
ダブルいちごで食べてました(^-^)



熟れすぎたバナナが1本♪あったので、バナナシフォン。

e0166905_11541934.jpg


e0166905_11543041.jpg



本当、久々のシフォンでsabo*さんのところでさくらシフォンを拝見してからずっとシフォンを作りたかったのですが、やっと焼けました。

型外しは手外しで。
ヘラやナイフで外すと絶対にどこか穴をあけるので、私には手外しが向いているかも知れません(^-^;)

他のことをしていてオーブンに入れた後ほったらかしだったので、ちょっとオーブンから出すタイミングを逃してしまった感じもあるのですが、キメも程よく、好きな感じに焼けました。

カットして、緩めにたてた豆乳ホイップを添えたらおいしかったです。
豆乳ホイップ、始めて使ったのですが、私は好きな味でした。
他にもいろいろ使ってみたいな。



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ


参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-04-07 12:03 | パン