bread&deco

タグ:ハード系パン ( 186 ) タグの人気記事

リスドォルのみで クッペ

酒粕酵母元種で。

e0166905_12134228.jpg


やっぱりうちの家族は白生地のパンが好きなようなので、全粒粉を入れずにリスドォルのみにし、前回は加水を抑えて仕込んだらイマイチだったので、加水も元に戻して作ってみました。
思いのほかコシが弱く(やっぱり元種のチカラが弱いのか?)、パンチを一回増やしたり、きつめにまとめたりと半ばやけくそで焼成まで持っていたのですが、その割にはまともな焼き上がり。
(パン・コンプレと同じようにすすめていったのですが、クープが浅かったところが一部くっついて開かず、妙な形にはなったのですが…)

クープが開いた部分は、大穴アリ&気泡の入り方が変(恥)だけれど、食べやすくてなかなかおいしかったです。




柴田書店から出ている「フィリップ・ビゴのパン」のクープ入れのところに、

「生地のコシが弱い場合は少し深めに入れて開きやすくする。逆に、コシが強い生地にはクープを深く入れるとのびにくくなる。」

とあるのですが、以前はこの文章を呼んでも、感覚として実感することが難しかったのですが、今回のパン焼き再開でやっと意味が感覚として掴めてきたように思います。
言葉の意味としては全然難しくないのですが、今までは「あ、わかるわかる!」とすーっと入って来なかったんですよね(^-^;)

他にも、捏ね上げ温度や生地のコシについて書いてある部分などを読んで、自分の経験と合わせて消化できる部分が増えたので、ちょっと楽しい(笑)
ご無沙汰していたパンの本を引っ張り出してきて、毎日ちびちび読んでます。







にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
お帰りの際、ぽちっとしていただけると励みになります。
いつも見に来ていただいてありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2013-04-08 13:14 | パン

クープ粗め、みっちり色黒

e0166905_952797.jpg



前回と同じく、酒粕酵母元種を使ったパン・コンプレ。
レーズン酵母のときと比べて生地が緩かったので加水を下げてみた結果、タイトル通りのパンが焼けてしまった(^-^;)
要するに、発酵が足りなかったんでしょうね。
焼き色も、前回より焼成温度を下げてみたけれど色黒ちゃん。


前回は生地が緩い&1次発酵に時間がかかったので、加水を下げて捏ねも少し多くし、発酵時間を短縮しようと思ったのだけれど、逆に時間がかかってしまった(>_<)

確かに生地のコシは出たのだけれど、ガスの発生が少なくて、作っている時から薄々発酵不足かなと感じていたのだけれど、ザックリ割れたクープを見て、やっぱりね~(泣)といった感じ。

クラムも予想に反さずこんな感じ。

e0166905_919393.jpg


みっちり重め。
ガスの発生が少なかったせいか、香りも少なめでした。


やっぱりエキスの時点で酵母数が少なかったのかなぁ…
冷蔵庫のエキスの残りは、振るとブシュッとガスがたくさん出るのですが。

元種の方はというと、見た目順調に発酵しているんですよね。
(ベタつきがひどくなったりしないし、味もにおいも普通、発酵時間も短縮されてきている)

う~ん、久々の自家製酵母、またしても謎多しです。







にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
お帰りの際、ぽちっとしていただけると励みになります。
いつも見に来ていただいてありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2013-04-04 09:27 | パン

パン焼き、はじめました。

e0166905_11563678.jpg



気がつけば、2011年の夏以降おこしていなかった自家製酵母。
やっと暖かくなってきたし(ここ数日寒いですが…)気持ち的にもパン焼き熱が高まってきたということで、再開してみました(^-^)

以前のうまくいったレシピをノートを見て確認し、すっかり忘れている感覚を呼び起こしつつのパン焼き(^-^;)

今回は、以前からやってみたかった酒粕酵母を試してみることにしました。

使ったのは、スーパーで買ったペースト状の酒粕(板粕もあったけれど、なんとなくこちらを買ってしまった)
酒粕と水を1:1で煮沸消毒した瓶に入れ、完全に密封せずに室温に。


室温が21~22℃くらいで低めだったせいか3日目くらいまでは変化なしだったので、ヨーグルト発酵器に入れてみたら、次の日にはブクブクと発酵し始めました。
見極めがイマイチよくわからないので(汗)かき混ぜてブクブク発泡し、なめてみて甘味がなくなり少し苦味が出てきたところで冷蔵庫に一晩入れてみました。

出来た酒粕酵母エキスで元種を作り焼いたのが↑のパン。

ライ麦がなかったので、リスドォルにグラハム粉と全粒粉を合わせたパン・コンプレ。
以前にも作ったパンなのだけれど、出来は以前よりもよくない…(T-T)

元種を作っている時から種がベタつくなとは思っていたのだけれど、生地にしてからもレーズン酵母のときより緩く、発酵時間も長くかかってしまった。

酵母が弱く、エキス作りに失敗している可能性が強そうなのだけれど、調べてみると、酒粕酵母元種は出来たてのものもレーズン酵母元種よりもベタつくと感じた方を見つけたので、もう少し継いで様子を見てみようと思っています。

ビックリしたのは、出来たての酵母なのに、レーズン酵母元種を1ヶ月以上継いで作った元種を使って焼いたパンのような香りと風味があること(>_<)
酸味は酸っぱいというものではなく、かすかに感じる程度(もともと、カンパ系は少し酸味のあるものが好みな私)


酒粕には酵母のほかに乳酸菌も含まれているようなので、香りと風味は乳酸菌由来のものなのかな(長く継いだ元種には乳酸菌も共存していることが多いですよね)
また、酒粕には麹も含まれていて、その麹の出す酵素がタンパク質を分解してしまうので、元種がベタついたり生地が緩くなったりするのか…?

またしてもいろいろ疑問点や調べることが出てきてしまいましたが、これがパン焼きの面白いところでもあるので、試行錯誤しつつパン焼き生活していきたいと思っています。


e0166905_1505983.jpg


エッジのないクープ&ダレ気味の姿だったので全然期待していなかったのですが、思いのほか気泡が入っていたクラム。
ちょっと焼き色が濃すぎる気もしましたが(レーズンのときと同じ焼成方法だったのにナゼ?糖分が残りすぎてる?)クラストも香ばしくて香りがよくおいしかったです。







にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
お帰りの際、ぽちっとしていただけると励みになります。
いつも見に来ていただいてありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2013-04-02 15:07 | パン

焼き納め 

2011年も今日で終わりですね。お久しぶりです、*kou*です。


昨日、久しぶりにパンを焼いてみました。
本当に年末ギリギリの焼き納め(^-^;)


e0166905_9593021.jpg



ハード系は本当に久しく焼いていなかったのですが、クリスマスにチーズフォンデュをするためにパン屋さんでバゲットを買ったら、おいしくって(今更ながらですが、やっぱり好きだなぁって…笑)
サンドやピザにするために面積の広いシンプルなハード系パンが食べたくなったのですが、この辺ではカンパやブールなどは買えないので、それではと自分で(笑)


ノートを見返してみたら、イーストを使ったハード系は1年以上まともに作っていなかったので、忘れていた記憶を一生懸命思い出して、またしても手探りで(T-T)

ライ麦などは入れず、白い粉メインのシンプルなものを作りたかったので、配合はリスドォルメインで全粒粉を粉の4%だけ入れて、加水は66~68%くらい。
ほとんど捏ねず、少量イーストで18℃前後で気長にガスを発生させてのんびり作りました。



e0166905_10142319.jpg

ホイロ時間に迷い、やや早めに窯入れしてしまったせいか、クープがかなり荒れてます…
いつものカンパーニュ成形ですが、カンパほど焼きこまず、焼き色はこのくらいでOKです。


見た目から、真ん中が詰まっているかと思っていたのですが、切ってみたら思いのほか気泡がたくさんでビックリ(>_<)
焼き納めもなんとか凹まず、終われました(笑)

ガス発生のためには温度変化をあまりつけず、18℃くらいで1次発酵をとるのがいいと聞いていたので、今回は1次発酵がうまくいったのかも。
来年も、のんびりペースでおいしいハード系が作れるように精進したいと思っています。




私事なのですが、実は、来年の夏に新しい家族を迎えることになりました。
今、3ヶ月の終わりのころで、つわり真っ最中です(T-T)
食べつわりだった娘のときと違い、吐きつわりでほぼ一日中気持ちが悪く、何もやる気が起きず、何もできずで…(-_-;)


12月と言えば、クリスマス!で毎年飾り付けも楽しんでいたのですが、今年はIKEAに生モミを買いに行き、新しいグラスボールも購入するところまでは例年通りだったのですが、つわりが始まってしまい、ちゃんと飾れずじまい(泣)
リースも今年は見送りました。

来年からはしばらく生モミは飾れないかな~とは思うのですが、今年の飾りも生かしたいし(今年はピンク、ベージュ、モーヴ、ブラウン系のグラスボールにを買いました)また、自分らしい飾り付けを楽しみたいと思っています。


去年から、気合をいれて作ってみよう!と決心したおせちですが、そんなこんなで今年は準備ができず、今年はレストランのおせちをお取り寄せすることで、ラクさせてもらうことに(^-^)
自分では作れないフレンチのテイストなので、今から楽しみです♪(気持ちが悪くて実際は食べられないくせに、食べたいものや食べ物の興味はあるのが不思議です…笑)



こうやって、パンを焼く気分になったり、午前中はPCに向えるようにもなってきたので、少しずつつわりも治まる傾向にあるのかなと、自分を励ましつつ(笑)安定期まで乗り切ります(>_<)






      今年も、マイペースなブログを読んでくださり、どうもありがとうございました。
      来年もどうぞ Bread & Deco をよろしくお願い致します。

      皆さまもよいお年をお迎えください。





                                            *kou*
[PR]
by ajisai-antique | 2011-12-31 10:41 | ご挨拶

パン・コンプレ

全粒粉の風味が出たパンを作ってみたいと思い、いつものカンパ生地の配合を変えて作ってみました。

いきなり多めの全粒粉だと膨らみが心配なので(ビビりです…笑)
グラハム粉と全粒粉の割合は合わせて21%とちょっと少なめ(^-^;)

メインの粉は、いつものトラディショナルではなく、全粒粉の風味を生かせるようにとリスドォルに変えてみる。
全粒粉は、石臼挽きの細かいものとグラハム粉を合わせて風味アップと食感の変化をつけた(あくまでつもり 笑)


e0166905_8274980.jpg



いつもの生地量と成形&クープだけれど、ボリュームが少なめの焼き上がり。
白い粉がいつもより若干少ないということも少しは関係しているのかもしれないけれど、やっぱり大きいのはメインの粉の違いかなぁ。
違う粉を使ってみると、ボリュームが出て気泡もできやすく、風味もあるトラディショナルって使いやすい粉だなとしみじみ。

ただ、粉の風味が強く出るから副材料を入れた時や今回の様に全粒粉の風味を出したいときには違う粉を使いたいなと思う。
本当、粉によって全然違ってくるから、自分の作りたいパンによってぴったりな粉が選べるようになりたいな…

あとは、酵母の状態がちょっとよくなかったという可能性も…(-_-;)
5月から継いで使っている元種なのだけれど、最近ベタつきなく管理できているのでリフレッシュの間隔が空きすぎる傾向に。
やっぱり使う前日にはリフレッシュしておかないとダメですね(^-^;)



e0166905_8405617.jpg


ガス抜き不足の大穴&詰まり気味のクラム。
ちょっともっちり感が強かったので、この割合だったらもう少し軽めに焼けたらいいな。
クラストの香りが好きな感じで、味はまあまあでした(^-^)
酵母の状態をベストにして、リベンジ!!






にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


ブログ村ランキングに参加しています、お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。
応援クリック励みになっています(>_<) いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2011-08-04 08:49 | パン

いつものカンパ と レーズン入り山食

e0166905_044116.jpg


しつこく同じ配合で焼いてみてはいるものの、なかなか前回焼けたおいしいと思えるものに近づけないでいます…

クラムの感じはいいものの、香りが出ない。
うーん、難しい(T-T)


気分を変えて、レーズン酵母でレーズン入り山食を。

e0166905_0511180.jpg


e0166905_0512794.jpg


ハード系もそうなのだけれど、「具」入りのパンって苦手な分野です(食べるのは好きなのだけれど)
発酵の見極めが難しいし、具のせいでグルテンが分断されるせいか伸びがいまいちで詰まったクラムのものになりがち。
さらに、レーズンを入れたものは、レーズンの糖分も加わってさらに発酵が鈍くなったり(^-^;)

今までレーズン入りの酵母山は作ったことがなかったので、どんなもんだろう?と思いつつ作ってみたのですが、見た目はいまいちだけれど(ホント、窯伸びしてない。ワンローフなのに!笑)意外にもクラムが柔らかくておいしいのにびっくり!

レーズンの分量を含めてプレーンの酵母山と同じ生地量になるように粉量を決めて作っているのだけれど、消費隊の妹に「いつもよりちっちゃい食パンだね~」と言われてしまった…(-_-;)

……悔しいので、カンパと並行して「具」入り山食を修業中。






e0166905_151970.jpg


こちらは、粉を南部小麦に変えてのカンパ(ライ麦、全粒粉の割合は同じ)
南部小麦なので、吸水がよくないだろうなと少し減らして(64%→62.5%)作ってみたのだけれど、やっぱり生地が緩くなり、成形時にダレて作りにくかった。

クラムの感じもトラディショナルの時と違って、あまり気泡が入らず、ずっしりとした焼き上がり。生地が緩いくせに詰まってしまう…!
焼き上がりの香りはよかったので、ちょっと期待して切ってみたのですが、ちょっとガッカリな結果に(T-T)
硬くなるのもトラディショナルと比べると早い気がして、扱いが難しいなと思いました。

生地の感じや味・香りも結構違って面白いので、国産小麦、ほかにも試してみたいと思っています(^-^)




そして、念願の洗濯機の買い替え!(>_<)

e0166905_1195752.jpg


ナショナルのドラム式(7年使いました)から無印良品の縦型洗濯機へ(^-^)

ドラム式のを買ったときは、ドラム式が出始めたころで「使ってみたい!!」一心から買ってみたのですが、使っていくにつれて、少ない水で本当にちゃんと洗えているのか洗浄力にちょっと不満が出てきたり(笑)洗濯時間が縦型に比べ長いのが気になっていました。

乾燥機能はないよりあるほうが断然便利だと思うのだけれど、最近は乾燥機能はほとんど使っていなかったし、いずれ衣類乾燥機だけ別に購入しようかなと思い乾燥機能のついてない昔ながらのシンプルな洗濯機に戻ってみました♪
(この決断をするのに、かなり迷ったのだけれど(笑)やっぱり仕事は別々(洗濯機は洗濯、乾燥機は乾燥)のほうがいい仕事をするような気がしているので、乾燥機付きでない洗濯機にしてみました)

まだ使い始めて数日ですが、普通の洗濯が40分ほどで終わるのに感激!!
ドラム式は結構時間がかかるんですよね。
洗濯層の中で泡立っている洗濯物を見るのはやっぱり気持ちがいいです(^-^)







にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ


ブログ村ランキングに参加しています、お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。
応援クリック励みになっています(>_<) いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2011-06-30 01:34 | パン

カンパ祭り

「カンパ祭り」久々に開催(笑)

1回おいしいと思うものが焼けると、それを安定させたくて同じように仕込むのだけれど、大概は同じように焼けない悲しい現実…

e0166905_14171132.jpg


蒸らしなしの焼成方法で。
見た目はそこそこも、こじんまりな感じ。

やっぱりクラムは前回よりも詰まっていました。
香りも若干弱め。



めげずにリベンジ!

e0166905_14194242.jpg


↑と同じようなルックス。
ボリュームも同じくらいだったので、クラムも……


e0166905_1421887.jpg


やっぱりこんな感じ(T-T)

これは真ん中をカットしたもの(しかも断面の左右で気泡の入り方が違うという変なクラム!)
両端はもう少し気泡混じりで軽い感じでした。

大穴をなくすために、丸めや成形時にガスを抜くのを意識してみたので、↑のものも今回のも、
出没していた大穴はなくなりましたが、ちょっと詰まりがちなクラムに(-_-;)
加減ってムズカシイ…


今回も香りは弱め。
同じように作っているつもりでも発酵具合が変わってきてしまっているんでしょうね。
細かいところを微調整したりして、もう少し「祭り」頑張ってみます(^-^)





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


ブログ村ランキングに参加しています、お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。
応援クリック励みになっています(>_<) いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2011-06-22 14:33 | パン

最近のパン焼き…

またまた久々の更新です(^-^;)

ここのところPCの調子が悪く作業ができなかったのですが、やっと新しいPCを購入して快適!!
ぼちぼち更新になってしまうとは思うのですが、週2回くらいは更新できればいいなと思っています。
マイペースブログですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします(>_<)



6月に入ってからは、主に自家製酵母のハード系とイーストの山食(いつもと同じなので写真は撮ってない)を焼いていました(←まあ、いつも通りって話です 笑)




焼いた順に写真を。

まずは、トラディショナルがメインの粉のレーズン酵母のクッペ。ライ麦(パウダータイプ)が5.6%入っています。
加水は62%弱。元種は粉の30%使用。
e0166905_1005548.jpg


ひとつずつ成形方法を変えてみたのだけれど、焼き上がりの形やクラムの感じは変わらず(-_-;)
焼成方法はいつも通りの「蒸らし」がある方法で。

e0166905_1043848.jpg


成形方法を変えてみたのは、真ん中にできる大穴を解消したいと思ったわけなのだけれど、結局どちらにも大穴出現…
成形方法でなく、パンチや丸め、成形の仕方によるんでしょうかね。要練習です(^-^;)



次も自家製酵母クッペ。
e0166905_1085254.jpg


こちらはメインの粉をリスドォルに変えてみました。
加水、元種の配合等は同じ。

加水は同じですが、粉の吸水が違うので、トラディショナルと比べると緩い生地に。
タイプERとトラディショナルの間くらいの生地の硬さかな…
でも特に扱いにくいということもなく、発酵時間などの工程もトラディショナルのときと同じように進めました。

e0166905_10142392.jpg


クラムの感じも同じような出来上がり。
味のほうはあっさりめでクセのない風味。



e0166905_10195327.jpg


こちらはトラディショナル&ライ麦の配合で分割せずに焼いたもの。
この生地量(580~600g)で分割せずに作るのは初めての試み。

いつもだったら分割なしの大きいものはバヌトンに入れて焼くのだけれど、今回はクッペ形に成形して布どりしてホイロをとりました。
(バヌトンだととじ目を上にしてホイロを取るけれど、布どりしてとじ目を下にしてホイロを取ってコシをつけたまま焼成に入りたかった)

e0166905_10344015.jpg


大きいのでダレてしまうか心配だったけれど、オーバルバヌトンでホイロを取り、1本クープを入れて焼成するよりいい開きっぷり(^-^)
クラムも(穴はあるけれど…)しっとりだけれど詰まり過ぎず、好きな感じに焼けました。



次は、8ヶ月ぶりのレーズン酵母の山食。
e0166905_1039495.jpg


少しホイロ不足感が漂っているけれど、まあまあの焼き上がり。
イースト山食ばかり食べていたので、クラムの違いがよくわかる。
自家製酵母のものは、ふんわりだけれどしっとりさがあるので焼かずにそのまま食べるのがおいしいなと思いました。




最後は、トラディショナルメインのクッペに全粒粉も加えてカンパーニュに(ライ麦、全粒粉ともに7%)
加水は64%、元種は32%で。
e0166905_1047698.jpg


今回のものは「蒸らし」を忘れてずっと熱風焼成したものなのですが、蒸らしアリよりもエッジがシャープになってびっくり。
今までの「蒸らし」はなんだったのか…
オーブンに入れている時間は同じでも熱風でしっかり焼いているので、焼き色もしっかりつきより香ばしく。
全粒粉とライ麦のおかげか、少し酸味のある香りもして少し作りたいパンに近づいてきた感じがしました(穴はすごいが…泣)

クラムは…

e0166905_10505661.jpg

香りや味が濃い目でも、気泡が多めに入ったので、軽くて食べやすい。
自家製酵母のカンパには少し酸味が欲しかったので、好きな味と香りに焼けて嬉しい♪


好きな感じに焼けたら、あとはそれを毎回同じように作れるようにするのが次のステップだと思うのだけれど、それがなかなか難しく…(^-^;)
しばらくはカンパ作りがメインになりそうです。






にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ


ブログ村ランキングに参加しています、お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。
応援クリック励みになっています(>_<) いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2011-06-20 11:02 | パン

イースト山食 と レーズン酵母クッペ

お久しぶりです(^-^;)

パン焼きはぼちぼちやっていたのですが、写真に耐えうるものが焼けなかったり(主にレーズン酵母の元種を使ったカンパを焼いていたのですが、やっぱり丸成形は上手くいかず)PCの調子が悪くて作業できなかったりで、気が付いたら随分と間が開いてしまっていました。


e0166905_16395851.jpg


久々の山食と定番のクッペ。

ここのところ失敗ハードパンばかり食べていたせいか、山食が余計においしく感じました(笑)
娘の食いつきももちろんよし(^-^;)

失敗ハードパンとは丸成形&十字クープのカンパ。
今までとは違う生地作りでやってみようと何回か作ってみたものの、クープを重視するとクラムがおいしくないし、クラムのおいしさを重視するとクープが上手く開かなかったりで満足行くものが焼けずにいました。

クッペ成形なら、同じ生地でも見た目もクラムもまあおいしいと思えるものが焼けるので、丸成形と十字クープにこだわり過ぎず、他にもっとこだわって考えるべきところがあるかなぁという心境になり、作ったのがこのクッペ。

ちょっとレシピを変えたので、成形がいつも通り出来ず細長クッペになってしまったのですが、一応クープも開いて一安心。


e0166905_1714640.jpg


今回のクラムはこんな感じ。
気泡もまあまああるけれど、穴もアリ(笑)
真ん中の一番伸びたところは大きなガスがたまっていたのか、大穴があいてました…(-_-;)

メインの粉はタイプERでライ麦を6%入れています。加水は61%(元種の水分込みで)元種は粉の30%使用。
タイプERのせいか、しっかり焼いたつもりでもクラムしっとりさが多めなのが最近気になるところ。
昔とは少し好みが変わってきたのかも。

今はしっとりしつつも、軽さのあるクラムが食べたいなと思います。
新しい粉を試したりしてみようかなぁ…






にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


ブログ村ランキングに参加しています、お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。
応援クリック励みになっています(>_<) いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2011-05-31 17:18 | パン

自家製酵母で久々のハードパン

レーズン酵母元種で。

e0166905_10474156.jpg


元種を作ってハード系のパンを焼くのは半年ぶりくらい。
もうすっかり感覚も忘れていて、ノートを必死にめくり思い出しつつ焼く(笑)

まずは、クープの心配のいらない定番のクッペ型で焼きました。
粉はタイプERのみで、元種は粉の30%で室温でゆっくり発酵。


e0166905_10505853.jpg


クラムはこんな感じに。
これがいつも通りなのか詰まっているのかも忘れるくらいに焼いていなかった自家製酵母のクッペだけれど、同じゆっくり発酵で作った少量のイーストで作ったものより、やっぱり好きな味と香り。

元種も硬めに作り、室温で1.5倍にして野菜室で2倍にあげた後は、冷蔵庫で発酵を止めてあげればリフレッシュしなくても3日くらいはもつので(元種の発酵力維持のためにリフレッシュすると量が増えて持て余してしまう…笑)この方法で1週間くらいで使い切りにするのが私に合っているかなと感じています。

本当は、ずっと元種を継いで使ってみたいのだけれど、上手くいった試しがない…(T-T)
多分、継いでいくうちに元種の発酵力がついて野菜室や冷蔵庫の中でも発酵が進み過ぎてしまい過発酵にしてしまうのがダメになる原因のような気がします。
発酵が進み過ぎて、種が緩くなってベタついてしまうんですよね…





先日、旦那さんの誕生日だったのでまたまた久々の(笑)ケーキを焼きました。

e0166905_1131145.jpg


紅茶のムースが食べたい!トのリクエストだったので、紅茶のスフレ生地を焼き、中に茶葉を入れたクリームとミルクティーのムースを巻き込んでみました。
もう無理やり(^-^;)
しかもロ-ルケーキにろうそくも立てた(笑)

生地は津田洋陽子さんの本から。
初めて作ったのだけれど、作りやすくおいしい!!
もっている天板と生地量が合わず、ちょっと厚く焼きすぎてしまったけれど、しっとりふんわり焼けました(^-^)

ムースはもう少し固まってから巻けばよかったな~

でも、旦那さんも娘もおいしいと言ってくれたのでよかった。
またロールケーキ、焼きたいな。





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ


ブログ村ランキングに参加しています、お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。
応援クリック励みになっています(>_<) いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2011-05-04 11:08 | パン