bread&deco

タグ:ヴィエノワズリー ( 20 ) タグの人気記事

折り込み三昧

なかなか火がつかず、今シーズンは作らないまま春が来るんじゃないかと思っていたのですが、一回やる気になってしまえばすぐ、いつもの祭りモードに突入(^-^;)

作ってもなかなか減らない我が家では、一回クロワッサンを作ると2、3日はあり(笑)なくならないので、練習もそんなに続けて出来なかったのですが、生地量を少なくし6個だけ出来るレシピに変えたら、おいしいうちに食べきれるしすぐ練習できるしで、まさに一石二鳥!!

まずは、クロワッサン。

e0166905_942042.jpg

e0166905_942186.jpg


発酵させすぎて、ちょっとパンぽく、詰んだ層になってます…(T-T)
形も変だし。

めげずに、

e0166905_9433825.jpg

e0166905_9434982.jpg


粉量は変えずに、その他の配合、工程を変えて、成形方法も去年やっていたものに戻して作ってみました。
見た目も結構変わりますね。こちらの方が好み。
内層は前回のよりは少しマシですが、まだまだ。


気分を変えて、

e0166905_9451179.jpg

e0166905_9452476.jpg


パン・オ・レザン。
こういうパンって大好きで、パン屋に行くとつい買ってしまうのだけれど、自分ではちょっと面倒で(カスタードを炊くのがね…)作ったことがありませんでした。
でも、卵黄1個分でちょうどよい分量のカスタードクリームができて、1回作ってしまえばなんてことはなく(笑)やっぱりクリームとレーズンの組み合わせはハズレはないですね(今回はカリフォルニアレーズンを使ったけれど、次はサルタナで作りたいな)

今回は、巻きの回数が少なく、見た目がイマイチだったので、次は成形時に伸ばす大きさと巻き込む方向に気をつけてやってみようと思います。


そして失敗気味のパン・オ・ショコラ。

e0166905_9515432.jpg


一見、見た目は普通なのですが、食べてみると「アレっ?!」となります(笑)

e0166905_9524642.jpg


発酵の取り過ぎで(あと、グルテンが出すぎていたのもあるかなぁ…)層が膨らんでしまっています。
バターと生地の間に層があるのではなくて、生地の間も膨らんでしまったみたい(^-^;)

バター漏れは全くなく、きれいに焼けたのですが、食べてみるとふかっとボリュームがある。
カットした断面の層が焼き上がりにきれいに見えないときは、生地の発酵のバランスがうまく取れなかったのかなと最近は思います。
全く発酵が取れていないと、パイのようにもっとザクザクしてしまうし、かといって、取り過ぎると折り込み生地の良さのハラハラした層の感じが出ない。

ザクザクした食感は欲しいけれど、食べたときに、少しヒキのある感じも欲しいし、この辺の発酵や生地のグルテンの出し方がポイントとなってくるんでしょうね。

外はとても暖かい日もあったりして、確実に春に近づいて行っているけれど、なんだか面白くて、折り込み練習がしばらくやめられなさそうです(笑)





かなり遅ればせながら…ですが、ひなまつりの記録を。

e0166905_1021589.jpg


定番のちらし寿司と蛤のお吸い物でお祝いしました。

e0166905_103060.jpg


器は、玉山さんのお椀をようやく解禁しました♪♪
2ヵ月間、直射日光の当たらない場所で空気に触れさせて(漆が硬化するらしいです)出番まで準備しもらっていました。

器は見た目だけでなく、手に持った時の重みや口を付けたときの感触も大事な部分ですが、軽すぎない適度な重みとしっくりと唇になじむ感じがとてもよくて、さらにいい器だな~と実感しました(^-^)
きれいな朱のうつわは、イベントやお祝いのときに使って、長く大切に使いたいと思います。


↓の記事では桜の枝を飾っていましたが、いい枝ぶりの桃の花も見つけることができました。

e0166905_10112757.jpg


娘に教えたいと、行事の本を探していたのですが、私もよく読んでみると曖昧な知識だったり知らないことも多く、勉強になりました。
今は、日本の行事や暦のことなどを書いた子供向けの本ってたくさんあるんですね。
私は、こちらを買ってみました。こっちもよかったな。


よく理解が深まると、やっぱりひなまつりは「桃」なんだなと思ったり。
「3月のえほん」にはちらし寿司とお吸い物のレシピも載っていて、今年はそのレシピで作ってみました。
子供も分かりやすいよう工程に全て絵も付いているので、娘も見ていて楽しそうで、おかわりもしてよく食べてくれました(^-^)

大人がみても面白い絵本だったので、毎月買ってみようかなと思います。





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
クリック励みになっています。いつもありがとうございます♪♪
[PR]
by ajisai-antique | 2011-03-08 10:39 | パン

合同パン焼きの成果…

akkoさんと一緒にパンを焼かせていただいて、いろいろ勉強になり(特に元種の管理のしかた!)帰ってから復習に励む。

まずはクロワッサン。

e0166905_10243523.jpg



今までは粉250gに対し元種125gで仕込んでいて、生地量が多く伸ばしにくかったのだけれど、akkoさんのところで総粉量250g前後で折り込みをし、やりやすかったので、今回は粉(リスドォル)190g、元種95g、折り込みバターは総粉量の60%で作りました。

やっぱり生地量が少ないと伸ばすのはラクでした(^-^;)
休ませるのは2回目の折り込みのあとと3回目の折り込みのあと、そしていつもは成形時の伸ばしをしたらすぐカット→成形と行くのですが、今回akkoさんに倣いカット後、冷蔵庫で少し休ませることに。

カット後は、室温(25℃)のせいですぐやわらかくなってしまって成形しづらいのですが、冷やすことによってちょっと扱いやすく。
今回は20分冷蔵庫に入れてみたのですが、以前よりは成形しやすくなったもののカット面がベタついてしまったので、この辺をもうちょっと変えてみようか?(冷蔵庫を長くするor冷凍庫にちょっと入れてみる?)

中はこんな感じ。

e0166905_10413156.jpg



今までのレーズン酵母クロワッサンの中で一番層がきれいに出来たかも。
薄くハラハラしてます(^-^)

オーブン内の様子。

e0166905_10425251.jpg


高さが出て、バター漏れもなくボリュームが出た。
バターが出てしまうときって、ボリュームもない気がする…

今回のホイロは24~28℃で140分。
見極めって未だに不安な点がありますが、見た目はちょっと大きくなったかな?くらい。


温かくなってきてからもなかなかやめられなかったクロワッサン。
なんとか来シーズンに向けて一区切り出来た気がします。
次はハード系の修業に励もうかな…



そして、バゲット。

e0166905_1051212.jpg


レーズン酵母元種で。
こちらは1次発酵を長く取りたかったので元種は40%に減らしました。
粉(リスドォル)250gに元種40%、加水は元種の分を含めて63%で。

いつもは室温で発酵させていたのだけれど、冷蔵発酵も入れて1次発酵は24時間とりました。
この元種にしてから冷蔵発酵をするのは初めてで、上がり具合や時間が読めず様子を伺いながら(^-^;)

成形はvivianさんの方法で(2回巻きしました)
ホイロは室温(26℃)40分。
この時期は加温しなくてもホイロがとれるので、ハード系のホイロがラクでいいです♪
しかも最近は湿度が50~60%台なので、タッパーを被せるだけで乾燥もあまりしません(さすが、梅雨時!笑 でもエキスは作りにくくなってきますね)


2本とも同じように作ったのだけれど(工程は作業は特に変えず)明らかに見た目もクープの感じも違う(笑)
右が、1回目分の焼成。左が2回目分。

私は左の方が焼き色やクープの感じが好みです。
右はなぜこんなにツヤがないのか??!

e0166905_1172082.jpg


見た目はこんなに違うのに、内相は同じような感じ(右が1回目、左が2回目分)
最近作った中では一番気泡があるような気もするけれど(まあ、当社比なので…)、まだ詰まった部分も多いな(T-T)


頑張ります(>_<)



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-06-14 11:14 | パン

北海道旅行~パン焼き~

美味しいものをいっぱい食べるべく向かった北海道でしたが、もう1つ重大な目的が…

それは、ブログで仲良くしていただいているKonoka and event of surfing のakkoさんと一緒にパンを焼くこと!!

かなりギリギリな旅行計画でも快く迎えてくれたakkoさん一家に心から感謝!です(>_<)


事前に何を焼こうかいろいろ打ち合わせしていたのだけれど、結局あれもこれもと、山食、クロワッサン、バゲット(こちら3つはakkoさんの自家製酵母で)、クッペといろいろ焼かせてもらいました。

e0166905_20284447.jpg
e0166905_2029218.jpg



リズミカルに手捏ねをするakkoさん。ピンクのエプロンが似合ってるー!!
このあと、叩きもいれて捏ねあがり。
思ったより捏ね時間が短く、長く捏ねればよいってものじゃないと実感(乾燥してしまうしね)


e0166905_20312951.jpg



成形も指導いただく(>_<)
この後、山食の重ねはどうするか、巻きのキツさは?
とじめは閉じるのか、肩入れの向きや俵の幅はどうするかなど、マニアックなネタで盛り上がる(^-^;)

山食のホイロと焼きは(夜にかかってしまいそうだったので)akkoさんにお願いしました。
焼きあがりの写真はakkoさんが載せてくれています。



山食の1次発酵をとっている間に、バゲットの成形などを。

前日にバゲットとクロワッサンの記事を仕込んでいただいていたので、2人それぞれいつも行っている方法で成形を行う。
それぞれ方法も違うし、生地の触り方や締め具合なども違うので、とても面白い&勉強になりました。

焼成はakkoさんのやり方で行ってもらい、焼きあがりはコチラ。


e0166905_21213072.jpg



ホイロは、私の方が折り込みが少なく、締めも甘かったので私の分に合わせていただいた。
オーブンの位置もいいところに置かせてもらってVIP待遇!(>_<)


私もいつも通り成形・ホイロを行ったのですが、うちで焼くのとクープの感じが違っていて、オーブンの違いってあるものだな(配合、生地の違いもあると思うけれど)と思いました。



バゲットと同時進行でクロワッサンの折り込みも行う(もう、時間差勝負で結構ハード 笑)
akkoさんの仕込んでおいてくれた生地は、ベタつかないしよく伸びるしでとても扱いやすい!!

一応この日のために(例の徹夜でクロワッサン)練習はしていったのだけれど、室温25℃の中、バター漏れせず折り込み出来てホッとしました(^-^;)


e0166905_2141259.jpg


成形の方法はakkoさんの方法で2人で黙々と巻いていく…

ホイロは25℃3時間弱のと5時間の2種類。
5時間のものはタイムオーバーでakkoさんにお願いしたのだけれど、2つを比べると5時間ホイロの方が内層がよかったもよう(内層の写真はakkoさんが撮ってくれています

成形は一度に2人で行ったから、違う点といえばホイロのみなんだけれど、やっぱり中もボリュームも違ってくるのが面白い。

そして、akkoさんの成形はきれいだった~!!
シュッとした形のをささっと作っていて、私も技を盗みつつ巻きました(^-^;)


最後は、バゲットの後に、「もっと仕込んでおけばよかったね」と話して、急遽仕込んだイーストクッペ。
自分のレシピノートを持って行っていたので、そこからの配合で。
最後までいつも通りの工程で行ってみました。


e0166905_21495786.jpg


焼きあがりはこんな感じ。
エッジはどこ?!な感じも、一応開いてくれてよかった(T-T)
やっぱりうちのオーブンで焼くのとは違う焼きあがりになるので(よ~く見てると、オーブンの中でのクープの開く感じも違う)きれいに開いたクープにはもちろん生地作りが一番なのだけれど、オーブンやスチームの具合もやっぱり関係しているのねと実感しました。




北海道初日の夜に家族で伺ったのですが、akkoさんを始めS氏、konokaちゃん、hiromuくんも温かく迎え入れてくれて、うちの娘とkonokaちゃんとhiromuくんは気づけば3人で遊んでる。
子供ってやっぱりスゴイ(^-^;)

北海道の美味しいお店もakkoさんとS氏に教えていただいて、とっても美味しいものを食べることができました。
言ってみれば、akkoさんプロデュースの旅(笑)


今回は家族で本当にお世話になりました(>_<)




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-06-13 22:24 | お出かけ

クロワッサンなど…

出かける前に焼いたパン達。

e0166905_11514034.jpg


レーズン酵母元種で。
生地の配合は(バターを入れ忘れたけど…)今までと同じで、折り込み用のバターを全粉量の60%になるようにちゃんと計算して入れました(^-^;)

元種が粉:水=1:1ではないので、こういう時の計算がとても面倒(T-T)
計算だと、粉250gに元種125g(50%)で折り込み用バター197gになりました。でも、端数が嫌なので200g折り込み。

いつもは少し室温で上げてから野菜室(もしくは冷蔵庫)に入れるのだけれど、冷蔵発酵のみでの時間を知りたかったので、今回は捏ねたらすぐ野菜室へ。

2倍くらいまで、14時間弱。
取りかかるのが遅かったせいで上がりが夜中になってしまいました…(T-T)
仕方なくそのまま続行で、この日はほぼ徹夜状態(笑)

ぼーっとしながらも成形、そして12個を2回に分けて焼成。

ぼーっとしていたせいではないと思うのだけれど(笑)今回はじゅわ~っとバターが漏れてきました。
そして蒸発せず、焼成後もじんわり…
う~ん、何が原因だった??
成形も、イーストで作っていた時のようにシュッとした形にならず、もっさりしてます…

内層はこんな感じ。

e0166905_1283557.jpg


何個か切ってみてこれが一番いい感じのもの。
他のは層のバランスが悪かったり、一部だけ穴があいたようになっていたり。

左がホイロ前、右がホイロ後。

e0166905_12102496.jpg
e0166905_12103477.jpg






















25℃ 2時間でホイロを取ったのだけれど、なんだかバターが溶けてるような…
自家製酵母にしてから生地量が多くなったのですが、なかなか薄く伸ばせず成形前の厚みもイーストに比べると厚くなっています。折り込みがうまく出来ていないのかなぁ。
室温もかなり上がってきているけれど、もう少し練習したいな。




こちらはレーズン酵母でクッペ。

e0166905_12174296.jpg

e0166905_1218874.jpg


あまりにもバゲットの出来がよくないので、精神安定に(^-^;)
でも、元種を変えてからは作るのは初めてだったので、加水や元種量を計算。失敗要素を抱えつつ仕込む。

いつも通り粉300gを2分割して1本づつ焼成しました。
1回目の焼成分(写真上)は好きなエッジ具合!
2回目分は(写真下)なかなかクープが開いてこないのでダメかと思ったのですが、あとからゆっくり開いてきました。
なので、クープがガタガタですがつるっと開かないよりはマシなのでまあ良しです。

e0166905_1226156.jpg


クラムもいつも通りな感じ。
発酵具合と時間、配合などは今回のもので大丈夫そうでした。



バゲットも焼いたのですが、クープは前回↓のものよりもひどく、写真を撮る気にもならなかったのでナシです(笑)
元種が出来たてで前回よりも水分が多かったので、生地が緩くなり成形時上手く張らせられなかったのも原因の一つかも(雅子先生の元種は、粉合わせを4回した出来上がったばかりのものと、リフレッシュを何回もしたものでは水分量が違っていると思うのです)

気泡の入り具合は、前回よりもよかった。
生地の水分が少し多かったのと、1次発酵に時間がかかったからかな…


めげずに練習のみです(>_<)





出かけていたというのは、旦那さんが春休み(いつも降って湧いたように突然もらえます。その代わり夏にはお休みはなし…)をもらえたので、北海道に行っていました。
北海道はまだ3回目。
旦那さんも私も自然が美しいし、食べものは美味しいしで大好きな場所です。

こちら(栃木)に住んでいると、内陸で美味しい海鮮ものに出会えないので、ここぞとばかり食べてきました(^-^;)
娘にも魚や海のものは好きになってほしいし、好きになるにはやっぱり新鮮で美味しいものを食べるのが一番ですよね。
自然の恵みを味わえるし体験できるのがいいところです。



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-06-07 13:03 | パン

お久しぶりです

またまた更新が滞ってしまいました…
何とも不定期なブログですみません、更新していない間も見に来て下さった方どうもありがとうございます(>_<)

先週はパン教室やら幼稚園の親子遠足やらで忙しかったのですが、パンだけはなんとか焼いていました(^-^;)
忙しくてもパンだけは焼きたくなる(逆に焼かない日はなんだか落ち着かない…)
無理してパンを焼く時間を作るから、他の部分にシワ寄せがきて余計に忙しくなるって言うのはあるのだけれど(笑)

e0166905_18182364.jpg



妹のリクエストで焼いた「やわらかいパン」
自家製酵母のマフィンです。

昨年、太田先生の1dayレッスンのときに習ったホシノのマフィンをレーズン酵母で。
太田先生の「自家製酵母で作るワンランク上のハード系パン」の中にも、自家製酵母のマフィンがのっていたのですが、はるブレだけ300g使用、元種が違うので元種は125g入れ、水はちょっと増やして作りました。

ホシノのマフィンもとてもおいしかったのだけれど、自家製酵母のものも、もっちりふんわりでおいしい(^-^)
妹もおいしいと喜んでくれました。

自家製酵母ではやわらかいのはいつもは山食しか作らないのだけれど、山食のふんわりとはまた違い、もっちりなのもいいかも。
形もかわいいし!


マフィンにつけたのは、自家製の甘夏マーマレード。

e0166905_1713447.jpg


前回ネーブルで作った時は、緩めのジャムになったのだけれど、今回はもう少し濃度をつけて市販のマーマレードくらいの硬さにしました。
今回のはパンにつけてもたれずに塗りやすい。

あまり皮が多いと皮の主張が強くなってしまうので、実2個分に対して、皮は1個分にしてみたのですが、果肉がしっかりわかり好きな感じに仕上がりました。

マーマレードの後ろにあるのはいちごジャム。
ちょっと前に作ったもので、産直でいちごを1箱買ってレシピは「フランス仕込みの手作りコンフィチュール」を参考にしました。
砂糖は基本60%なのですが、ちょっと減らして55%に、レモンは増やして作りました。

以前作ったもののように緩~いいちごジャムも好きなのだけれど、今回はもっと煮詰めちょうどよい硬さになりました。
でも、あまり煮詰めると香りが飛ぶし、色も悪くなるというので、どのくらい煮るかって結構難しいですね…


先週実家に帰ったのですが、(お土産に1瓶持って行ったのに)父もいちごジャムを作っていて「おんなじことしているな~」と笑えました(^-^;)
父は色と香りのことを考えて、あまり煮詰めず(5分くらいと言っていました)ペクチンを入れてとろみをつけたと言っていて、市販のいちごジャムよりは緩めも、色が鮮やかでキレイ。

そんな作り方もあるのね…といろいろと面白いです。




いちごムース。

e0166905_17392230.jpg


妹の旦那さまの実家で採れたいちごをたくさんいただいたので、そのいちごを使って。
3パックいただいたのですが、家の畑で無農薬のいちごがたくさん採れるなんてホント羨ましい!

やっぱりいちごムースはおいしいですね。
冷蔵庫に豆乳ホイップがあったので、それを使ってみたのですが、違和感なく出来ました。
豆乳!という感じはしないのですが、コクは感じられて満足感があります。


そしてクロワッサン(笑)
今日は写真が多いです(^-^;)

e0166905_1834186.jpg


レーズン酵母で。
前回よりも大きめの三角にしたのだけれど、底辺と高さのバランスがイマイチだったのか、成形後あまりきれいな菱形になりませんでした(T-T)

室温が24℃くらいだったので、折り込みはなんとかなるも、表面の生地がずれたりして成形時が大変ですね。


e0166905_1882786.jpg


今回ホイロを前回よりも短くしたのだけれど、それが関係しているのか空気の層があまり出来ず詰んでます。
あと、何回作れるかなぁ…




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-05-26 18:19 | パン

パン・オ・セーグル

レーズン酵母で。

e0166905_13343883.jpg


先週末遊びに来てくれた友人に…と作りました。
ライ麦パンと言っても、食べやすいようにライ麦は少しだけに(元種の粉の分も含めると、総粉量の15%くらい)

失敗は出来ないので、1本クープにしました(^-^;)
成形やクープ入れはいつも通りに行ったのだけれど、いつもよりざっくり開いた感じになりました。
でもざっくりしていても、開けば気持ちがいいものです(笑)


そのまま渡したので、中身や味はわからないのですが(どうだったかな~?)見た目がかわいいと言ってもらえました♪




久々に作ったシナモンロール(こちらはイースト使用)

e0166905_1350078.jpge0166905_13511547.jpg













折り込み生地のものが好きなので、卵と砂糖多めの生地にバターを折り込みシナモンシュガーを巻きこんで渦巻きに。

でも、以前のような見た目、食感にならず…(T-T)
もっと「パン」っぽくなって欲しかったのに、クロワッサンのような感じでザクザクでハードになってしまった。


これがクロワッサンだったらそういう食感でよかったんだけれど(^-^;)
こういう感じなら、マフィンカップに入れず、渦巻きをカットしたらそのままベーキングシートにおいてホイロをとって焼成にすればよかったな。

焼いた当日はザクザクしていてあまりおいしくなかったのだけれど、次の日になったら少ししっとりしていい感じに。
やっぱり甘いのはおいしい~!!

食感の違いに関しては思い当たることがあるのでリベンジしてみます。
マフィンカップに入れないバージョンも面白そうなので、やってみよう。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-05-19 14:06 | パン

レーズン酵母クロワッサン

昨日、こちらもよいお天気で室温が25℃を超えていました。

が、バター消費のため、クロワッサンの折り込みを!

e0166905_11185364.jpg


初めての、酵母クロワッサンです。
レーズン酵母の元種を粉の50%使い仕込みました。粉には全粒粉を10%。

砂糖は少し入れているものの、少しなので、甘くないお食事用のクロワッサンです。


前回イーストで作った時、成形時の三角形の底辺を大きくすると言ったのに、横幅をあまり伸ばさなかったため、8㎝×15㎝の少し小さめのものになりました。
前回の反省いかされず…(T-T) 
酵母で生地量が増えているので、上下を5㎝くらいずつカットしても14個取れました。


初めての酵母クロワッサン、意外とイーストと変わりなく出来たような。
でも、ホイロに時間がかかりますね。
そして、オーブン内での伸びもイーストの方がぶわっと膨らみました。

食感も皆さんがおっしゃる通り、ザクッとした感じ。
前回のイーストクロワッサンも表面はざっくりしていたのですが、今回のものは中もざっくりめ。
折り込みバターは、イーストのときと同じ粉の60%にしました。

全粒粉も、イーストのときより若干多めの割合なので、素朴な感じでおいしい。

中は…

e0166905_11285864.jpg


若干中心が詰んでる&層のバランスが悪い感じがしますが(実家用だったので1個しかカットしなかった。他のはどうだったんだろう…)、室温が高く、折り込み途中のバターはみ出しのアクシデントもありつつを考えると、まあいいかな(←甘い!)

あと、ちょっと1次発酵をとり過ぎたかも。

まだまだたくさんあるバター、消費せねば!!



他にGW最終日に作ったもの↓

e0166905_11324239.jpg


レーズン酵母でプチパン。
リュスティックの成形(リュスは成形っていわないのかも)のときと同じ配合で、丸めて作ったもの。
クープに油脂は入れていないのだけれど、やっぱり開きが甘い。
小分けのものってニガテ……


e0166905_11343869.jpg


甘夏酵母で作った(前種法)山食。
甘夏をお取り寄せして酵母を起こしていました。
レーズンエキスなどスターターを入れないで、甘夏と水、ちょっとのきび砂糖で起こしました。
4日か5日くらいで出来ました(20~24℃くらいで)

エキスはこんな感じ↓
[PR]
by ajisai-antique | 2010-05-07 11:58 | パン

クロワッサン

久々(3ヵ月ちょっとぶり)にクロワッサン(イースト使用)を焼く。
で、案の定いまいちなモノが出来上がる…(T-T)

e0166905_104551.jpg



前回1月に焼いていたときは、レッスンで習った直後だったので、レシピのメモや自分のノートに書かなくても覚えていることが多かったせいか、あれだけ悩みつつ焼いたのにいざ今回焼こうと思ったら、結構詳しいことが書いてなくて焦りました(^-^;)

最終的にカットする三角形の大きさ(○×○㎝とか)や、何㎝まで伸ばしたら内層などがよかったのかが全く書いてないっ!!


ハマって作っているときは当たり前すぎて書かなかったものも、後から見て作るときは大事な情報だったりするので、次からはもっと丁寧に記録を残そう…と思いました(-_-;)



なので、前回好みの形に成形するために結構考えたと思うのだけれど、まったくもって忘れていたので、適当にな大きさにカットしたら、美しくないクロワッサンに仕上がりました…(T-T)


これじゃあ、ハマって焼いた意味がないなぁ。


今回作ってみて、もっと底辺を大きくしてカットするのと、カットしてから引っ張って伸ばす加減を思いだしたので、バターもまだたくさんあるし(冷凍庫になぜか450g×3個ある。買いすぎ! 笑)リベンジします。


内層は…

e0166905_10545891.jpg


こんな感じ。
中心部の空洞や、ダンゴにはならずに出来た。
クラストは厚めでざっくりしているのですが、軽めな食感。

折り込みバターは粉の60%、粉は前回までははるブレとみのりの丘のブレンドでしたが、今回はリスドォルを使いました。
折り込み時、バターが漏れたりはなかったけれど、今までより生地がベタつき麺棒にくっつく!
でも、しなやかで伸びはよかった。
室温は21℃だったので前回までとほぼ変わらないので、粉の違いもあるのかな。


味は、前回のときと比べるとあっさりめで、甘味ははるブレ&みのりの丘のときの方があったかな。
発酵バターを使ってもくどくなくおいしかったです。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

ブログ村ランキングに参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-04-30 11:07 | パン

クロワッサン

しつこく焼く(>_<)

e0166905_1152577.jpg


今回は、前回と同じ配合で、折り込み用のバターをレッスンで使った低水分の発酵バターにしてみました。
個数も粉250gで12個取り。カット前も70cmくらいまで伸ばして、生地の厚みは前回と同じく薄めにし味の違いを見てみようと思って。

折り込み時から漂う、発酵バターの香り。
焼き上がりを食べてみても、バターの香りが前より主張しているので、物足りなさはなくおいしくいただけました(^-^)

でも、カタツムリ(注:ホンモノではありません…!笑  切れ端に砂糖をまぶしたいつものヤツですよ~)に関しては、発酵バターじゃない方が好みかな。

e0166905_11133151.jpg


e0166905_11134233.jpg


今回も2回に分けて焼成しました。
バター漏れは、1回目分(写真上)は少しアリ(T-T)
形は写真でみると違いはあまりわからないのだけれど、2回目分(写真下)と比べて大きさが一回り小さかった。
やっぱりホイロが足りなかったのかな。
2回目分は長めに取って、漏れはなく焼き上がりました。

これだけしつこく焼いてみても、まだ見極められない私…(T-T)
ホイロに入るときの生地温や作る場所の室温などによって、毎回微妙に時間が違ってくるんでしょうね。
難しいな…



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-01-26 11:21 | パン

パン・オ・ショコラ ミニ

先日、娘のお友達がうちに遊びに来てくれたので、何かおやつをと…

e0166905_17201176.jpg


結局パン(笑)
バトンショコラを半分の長さにカットし、普通の1/2サイズのパン・オ・ショコラと、いつもよりたっぷりめにグラニュー糖をまぶしたカタツムリ。

ジュースとともに「おやつだよ~」と出してみた。
「わ~い!」と集まり食べてくれるものの、やっぱり遊ぶ方が面白いようで↑半分だけ食べてダーッと走っていってしまった(^-^;)

途中何回かつまみに来て、帰るときに「2個食べてっていい?」と聞くので、お土産に残りを持っていってもらいました(^-^)
帰りの車の中で食べる~などと言ってお母さんを困らせていましたが、「需要」があると嬉しいもんです。
この日は、うちの子も負けじとたくさん食べていたのが面白かった(^-^)


普段はパン焼いたよ~と言っても「ふ~ん…」という感じであまり反応はない娘ですが、お友達に「これみんなママが作ったパンなんだよ!」と嬉しそうに勧めていたのを見たときは、ハハとしてちょっと嬉しかったです。

e0166905_17324145.jpg


ただバトンショコラを巻くだけなのに、なんとなくカットする長さを決めてしまったので(汗)意外とてこずりました。
ゆるくもなくきつくもなくチョコを巻いて、巻き終わりが下に来るような長さにカットしなければならなかったんですよね~。詰めが甘かったです(^-^;)
今日は塗り卵をしたので、ツヤが少し出ました。

ホイロの見極めがよくわからず、焼成中バターが少し漏れる…
ちょっと成形方法が変わっただけで、よくわからなくなる私です(T-T)



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

参加しています、応援クリックしていただけると嬉しいです。
コメントも気軽に残してくださいね!
[PR]
by ajisai-antique | 2010-01-23 17:47 | パン